リーダーシップとはなんなのか

「リーダーシップ」という言葉の定義は
実はあいまいなのです。
リーダーシップについて学ぶにあたり
言葉の定義を理解する必要があると思うので
解説することにしました。

wikipediaでは
「指導者としての資質・能力・力量・統率力」 となっています。
一方、他のサイトでは
「チームや組織を率いること、またはその能力」
となっていたりします。

英語を分解すると
leader=指揮官、先導者
ship=船、輸送する
となるので、
「指揮官の船」「先導者が輸送する」
このような意味になるのでしょうか。
なんだか混乱してきました。

私は、どんな解釈でも良いと思っています。
「リーダーシップ=指導者として必要なこと全般」
つまり
「リーダーシップスキルを高める=指導者として必要な能力を高める」
このイメージで良いと思います。

では、リーダーのスキルとは具体的にどんなものなのでしょうか。

「戦争論」で有名なクラウゼヴィッツという人は
・知性と情熱を兼ねる高度な精神
・危険を顧みず自身の行動に責任を負う勇気
・不確実な事態における洞察力
・洞察に基づく具体的な行動をする決断力
などを挙げています。
これは戦争の指揮官に必要な能力とされているものですが
現代のビジネスの場面でも重要なことかと思います。

これを簡単にすると
・精神力
・洞察力
・判断力
・決断力
・これらから得られる信頼
となりますが、これらを磨いていくには
細かい知識を勉強することと
リーダーとしての経験を積むことが必要になります。

まだリーダーでない方もいるかと思いますが
どこかの集団に属しているなら
行動次第でリーダーになることは可能です。
自ら先導して周囲の人たちを引っ張っていけば良いのです。
自分が先導していればその時点でリーダーなのです。

まとめ

最後にまとめます。

リーダーシップ=指導者として必要なこと全般
必要なこと全般=能力、仕事
リーダーのスキル=精神力、洞察力、判断力、決断力、信頼
スキルを磨く=細かい知識をインプットする、実際にリーダーになって経験を積む
自分が率先して行動し、先導していれば、それはリーダー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です