世の中がこれからどうなるのか考えてみた【令和2年7月19日】

ロクなことが起こらない2020年ですが
世界が大変革する節目の年だと言われています。

これからどうなるのか考えてみました。
思うところを書いていきますので
良かったら読んでください。

この記事は残すつもりですので
予想が外れていたら笑ってください。


ウイルス

もう見たくないのですが
気になって見てしまいます。

私はピンポイントで気を付けながら
経済を回したほうが良いと思っていますが
違う意見を否定する気はありません。
専門家ではない一個人の意見ですので。

いま第二波が来ている感じですが
必要以上にウイルスを恐れる必要はないと思います。

第一波のとき、
外国では医療崩壊して多くの死者が出ましたが
日本、中国、韓国は感染率も死者も少ないです。
データは下のリンク先で見れます。

チャートで見る世界の感染状況 日本経済新聞
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

日本人の感染率や重症者が少ない理由は謎ですが
つい先程ある動画を見つけました。

特番『衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?』ゲスト:京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻ビッグデータ医科学部門 特定教授 上久保靖彦氏
https://youtu.be/hF0HBmIFWMs

日本は集団免疫を獲得しているのではないかと。
詳しくはリンク先の動画を見てほしいのですが
第一波のときはあまり検査をしておらず
公表されていた感染者数よりも大勢の人が感染しており
そのときに免疫を獲得したおかげで
いま、重症者が少なくて済んでいると。

この説が正しければ、
今まで通りの、コロナ前の生活をしたほうが良い、となります。

いろんな説が飛び交っているので
どの説が正しいのかわからない状態ですが
私はかなり納得できました。

少なくとも、
必要以上にウイルスを恐れるのは良くないと思います。
ウイルスを警戒するあまり
日本全国が疑心暗鬼になり、
人々が萎縮することのほうが危険ではないかと。
そんな世の中嫌じゃないですか。

変異とかもあるので
まったく警戒しなくて良いとは思いません。
インフルエンザと同じように
すでに病気を持っている人、身体が強くない人など
感染してしまうと重症化してしまう可能性があるので
そこは注意すべきだと思います。

これからどうなるのか

考えましたが、わかりませんでした。

ウイルスの心配さえなくなれば
ある程度は元に戻るのですが
いま自粛ムードが出てきているので
断続的にロックダウンとなると
経済はガタガタになるでしょう。

考えたくないのですが
経済がボロボロになると失業者が増えます。
そんな状態で失業してしまったら
次の仕事はすぐに決まりません。

もしそうなったらどうするか?

IT関係のスキルをつけると良いと思います。
というか、それしか見当たりません。

具体的には
プログラミング、デザイン、webマーケティング、
ネットビジネスなどでしょう。

どれもすぐに身に付くスキルではないので
今のうちからやっておくと良いと思います。
ITスキルは無駄にはならないはずです。


国際情勢

脱中国の動きがレベルアップしました。
以前から人権問題などが指摘されていましたが
香港国安法をきっかけに、
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどが
脱中国に動き出しました。

以前書きましたが、いま中国はピンチです。

ウイグルやチベットでの人権問題、
ファーウェイなどのサイバー問題、
香港国安法などにより
アメリカやイギリスを怒らせました。

加えて、
洪水、イナゴ被害、失業者の増加、
習近平の孤立など
いろいろ難題を抱えています。

他にも北朝鮮やロシアなど
いろいろあるのですが
ウイルスより中国共産党のほうが危険だと思います。

これからどうなるのか

中国共産党はどこかで限界が来ると思っていますが
それがいつになるのかわかりません。

中国船が尖閣に毎日来ています。
最近は沖ノ鳥島にも来ました。

いま中国は内政も外交も苦しいのですが
今後どう動くが予想がしづらいです。
無理やり軍事行動に出る可能性もあります。

香港を完全に支配下にしつつあるので
次は台湾と沖縄が狙われます。
というか、以前から狙われています。
台湾は警戒を強めていますが、
日本はそうでもない気がします。

これからどうなるのかわかりませんが
我々も警戒する必要があると思います。

我々は石ころのような存在ですが
目に見えない戦争、
とくに情報戦争にすでに巻き込まれています。

中国人とは一緒に働いたこともありますし
よく談笑したりしていましたが
中国共産党とは友達になれません。

ウイグルやチベットでやっていること、
そして天安門事件などを思い出せば
仲良くできるわけがないです。
国賓で招くとか、なに考えてまんねん。

親中派と言われる政治家をチェックしましょう。
自分の選挙区の政治家がどんな言動をしているか、
有権者として見ておきましょう。
ぼくは中共をかばう政治家はその時点でアウトにしています。


未来の予想があいまいで申し訳ないですが
わからないので仕方がないのです。
自分で予想してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です