考えすぎてしまうクセを治す方法

・ささいなことを考えすぎてしまう
・悪い方向にばかり考えてしまう
・考えすぎて疲れてしまう
・他のことが疎かになってしまう

考えすぎることによるデメリットがいくつかあります。

・行動ができない
・疲れやすい
・他のことが疎かになる
・マイナス思考になる

考えすぎることは必ずしもマイナスではありませんが
悪いほうに向かっているなら、改善が必要です。

そこで、考えすぎるクセを改善する方法をご紹介します。
すべてが正解ではないので
お好きなものをお選びください。


1、テストしてみる

考えても答えが出ない場合、
小規模でテストをしてみましょう。

考えすぎると、リスクがたくさん出てきてしまい
行動が抑制されるデメリットがあります。

小規模でテストをしてみて
リスクの確率を出してみましょう。

2、今を大切にする

時間は有限です。
反省や未来予想は必要ですが
あまり時間を割きすぎると損をします。

場面にもよりますが
不確定な要素は試してみないとわからないものです。

今なにをすべきか、再確認してみましょう。

3、視野を広げる

ひとつのことを考えすぎると
視野が狭くなってしまうことがあります。

大きな視点に切り替えてみたり
他者の意見を聞いてみたりしましょう。

4、優先順位

考えすぎるツボにはまったら
深く考える必要があるのか、確認してみましょう。

重要でないことに時間を割くのはもったいないです。
何が重要で、何が重要でないのか。
切り捨てる部分は切り捨てましょう。

5、投げ出す

考えて、答えが出なければ、
投げ出してしまうのもひとつのやり方です。

6、とことん考えすぎてみる

前項までと矛盾しますが
納得できなければ、とことん考えるのも良いと思います。
ひとつの事柄を突き詰めるのは
決して悪いことではありません。

ただし、廃人にならないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です