勇気を出す方法【被弾覚悟で突撃せよ】

転職、起業、告白など、行動を起こしたいのに
最初の一歩が踏み出せない、ということがあると思います。

場合によりますが、行動するのは早いほうが良いです。
早く動き出したほうが人より先に進めます。

今回は、勇気が出ない原因と
勇気を出す方法をご紹介いたします。


もくじ

勇気が出ない原因
1、不安
2、現状維持を好む本能
3、成功体験が少ない
4、失敗が怖い

勇気を出す方法
1、小さなことから挑戦していく
2、損失の大きさを想定する
3、被弾覚悟で突撃せよ
4、慣れる


勇気が出ない原因
1、不安
結果が確証されていないので、不安になります。
「失敗したらどうしよう」となり、
足が前に出なくなります。

失敗したときのマイナスを想定しましょう。
許容できるマイナスの大きさを決めておきましょう。

2、現状維持を好む本能
「現状維持バイアス」といって、
人間には、現状維持を好む本能があります。
現状維持バイアスは防衛本能です。
未知なるものから自分を守ろうとするのです。

本能に従ったほうが良い場合もありますが
現状維持にもリスクがあると知りましょう。
ずっと現状維持をしていると、チャンスを失います。

参考記事:行動できない原因と対処法【現状維持バイアス】

3、成功体験が少ない
成功体験が少ないと、
一歩踏み出す勇気は出にくいものです。
失敗することばかり考えてしまうからです。

小さな成功を積み重ねていきましょう。
小さな目標を設定し、ひとつひとつクリアしていきましょう。
もちろん失敗もしますが、
そこで自信喪失せず、「こういうこともあるかな」と思って
チャレンジを続けていきましょう。
気がついたときには、かなり成長しているはずです。

4、失敗が怖い
失敗に慣れていないのです。
失敗を過大評価しすぎているのです。

失敗を恐れるのは悪いことではありません。
周囲に迷惑をかける可能性もありますし、
慎重になるのは全く悪くありません。

しかし、失敗を恐れすぎて、
チャンスを失うのはもったいないのです。
前述しましたが、マイナスを想定しましょう。
そして、マイナスをカバーする策を用意しておきましょう。


勇気を出す方法
1、小さなことから挑戦していく
先に書いてしまいましたが、
小さな成功を積み重ねていきましょう。
小さな目標を設定し、ひとつひとつクリアしていきましょう。
もちろん失敗もしますが、
そこで自信喪失せず、「こういうこともあるかな」と思って
チャレンジを続けていきましょう。
気がついたときには、かなり成長しているはずです。

2、損失の大きさを想定する
こちらも前述しましたが、
失敗したときのマイナスを想定しましょう。
許容できるマイナスの大きさを決めておきましょう。
そして、マイナスをカバーする策を用意しておきましょう。

3、被弾覚悟で突撃せよ
新たな一歩を踏み出すとき、
100%成功するなどありえません。
失敗する可能性もあります。損をする可能性もあります。

前述したように、マイナスを想定しておき、
被弾覚悟で突撃しましょう。
結果は、やってみなければわからないのです。

4、慣れる
小さなことから挑戦していけば、慣れます。
勇気を出すことにも、失敗にも慣れます。
どんどん行動して、どんどん失敗しましょう。
失敗は成長の母といいます。
失敗の数だけ成長するのです。


まとめ

勇気が出ない原因
1、不安
2、現状維持を好む本能
3、成功体験が少ない
4、失敗が怖い

勇気を出す方法
1、小さなことから挑戦していく
2、損失の大きさを想定する
3、被弾覚悟で突撃せよ
4、慣れる

勇気を出すことで、可能性が広がります。
行動を起こせば、確実に成長します。
私の人生など、失敗の連続です。
失敗だらけの人生ですが、今はそれなりに楽しいです。
小さなことから始めると良いです。
いきなり大きな失敗をすると、心が折れてしまいます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です