意思を強くする方法【意思は鍛えられる】

「タバコをやめられない」
「ダイエットが続かない」
「自分で立てた目標を放り出してしまう」

このように、
「やめたいのにやめられない状態」、
「したほうが良いのにしない状態」
になってしまうのは何故でしょうか?

答えは、意思が弱いからです。
意思が弱いと、
目の前の安易な快楽に飛びついてしまいます。
しかし長い目で見れば、損をしています。

意志力は鍛えることができます。
筋トレのように、繰り返し行うことで
脳が鍛えられます。


もくじ

意思が弱い理由
・目標に無理がある
・疲れている
・栄養が偏っている

意志を強くする方法
・習慣化する
・姿勢を良くする
・いつもと違うことをする
・十分に睡眠をとる
・軽く運動する
・自然に触れる


意思が弱い理由
・目標に無理がある
大きすぎる目標を設定したり、
複数の目標を設定したりすると、続きません。
大きな目標を設定するのは良いのですが
大きな目標に到達するまでの、
中期目標、短期目標が必要です。

いきなり最終目標に行こうとすると
必ず壁に当たります。
何をしたら良いかわからなくなります。
ですので、階段をひとつひとつ昇っていくイメージで
目標もひとつひとつクリアしていきましょう。

・疲れている
脳の機能が低下しています。
自分の限界値を決めておくと良いです。
脳を強くするには、多少のストレスが必要です。
少し疲れるくらいが丁度良いですが、
ボロボロになる前に休息をとりましょう。

・栄養が偏っている
体も脳も、エネルギーを消費して活動しています。
エネルギーが不足すれば、機能が低下します。
食生活を見直しましょう。


意志を強くする方法
・習慣化する
脳は鍛えられます。
筋トレと同じく、繰り返し負荷をかけることで強くなります。
無理をしすぎるとケガをします。
適度に休ませることも必要です。
最初に計画を立て、実行してみて
計画に無理があったら修正しましょう。

・姿勢を良くする
姿勢を良くすれば、血行が良くなります。
体全体にエネルギーが巡ります。
猫背だと、血行が悪くなります。
さらに、他者からの攻撃を受けやすくなります。
猫背は敗者です。
人間も動物ですので、弱い者を攻撃する本能があります。
胸を張りましょう。

・いつもと違うことをする
いつもと違う行動をとることで、脳が刺激されます。
疲れますが、脳は鍛えられます。
適度に脳を刺激しましょう。

・十分に睡眠をとる
睡眠時間は極力削らないようにしましょう。
起きているときの無駄な時間を削りましょう。
睡眠不足だと集中力が低下し、効率が落ちます。

・軽く運動する
適度に運動し、新陳代謝を良くしましょう。
脳も刺激されます。
老廃物をためていると、機能が低下します。

・自然に触れる
自然に触れると脳が活性化されることは
科学的に証明されています。
緑と日光に触れましょう。
うつ病の予防にも効果があるとされています。


まとめ

意思が弱い理由
・目標に無理がある
・疲れている
・栄養が偏っている

意志を強くする方法
・習慣化する
・姿勢を良くする
・いつもと違うことをする
・十分に睡眠をとる
・軽く運動する
・自然に触れる

意思の強さは、人生を左右します。
意思力は、鍛えることができます。
意思が弱いと、目標に向かって努力できず、
また、他人に流されやすくなります。
つまり、他人の人生を歩むことになります。
強い意志を持ち、自分の人生を歩みましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です