強靭な精神力が身につく本【トンネラーの法則】

何事も、良い結果を出すには、精神が大事だと言われます。
結果が出るまでには時間がかかります。
思い通りにいかないことも多いです。
そこで支えになるのが精神力です。

高い能力を持っていても、精神力がないと心が折れてしまい、
結果が出る前に挫折してしまいます。

逆に、能力は低くても、精神力があれば挫折しません。
継続した分、知識や経験が積みあがっていきます。

精神力を高めるにはどうしたら良いでしょう?

ヒントはこちらの本にあります。

←クリックでamazonに飛びます

「トンネラーの法則」
~どんな逆境もはねのける人はどこか違うのか?~

著者は心理学博士。
圧倒的困難をくぐり抜ける人々には共通の資質がある、としています。

「資質」と書かれていますが、
物の見方を変えるだけで、
誰でも「資質」を獲得できる、と私は感じました。

「トンネラー」とは、
圧倒的困難を乗り越える人々のことです。
一般に知られた呼称ではありません。
著者が勝手につけた呼称です。
量子力学の「トンネル効果」になぞらえたそうです。
暗く長く障害の多いトンネルを、
するりと抜けてしまうのがトンネラーです。

本の大半は、
困難を乗り越えた人々の事例と分析です。
参考になりますが、ちょっと長いです。

一番知りたい「強靭な精神力を身につける方法」は
本の最後のほうにまとめられています。
ここでは見出しだけ紹介します。

1、自分自身にスポットライトを当てる
2、意味を探す
3、おおらかになる
4、諦めない
5、休憩する
6、ユーモアを使う
7、サテライトを探す
8、他者に鼓舞してもらう

さらに、従業員(部下)の精神力を高める方法。

1、意見を求める
2、火に油を注ぐ
3、名誉ある人のように振る舞う
4、模範を示す
5、家族と考える
6、隠れた才能を見出す
7、君は素晴らしいと伝える

さらに、子供の精神力を高める方法。

1、選択肢を与える
2、意味を追いかけさせる
3、前進と退却の判断
4、おおらかさの模範を示す
5、笑いとばす
6、愛と敬意を伝える
7、挑戦と成長を励ます
8、いつも見守っていることを伝える

解説は省きます。ネタバレになってしまうので。

博士が書いた本ですが、
難解な専門用語は出てこないので、誰でも読めます。
良かったら手に取ってみてください。

←クリックでamazonに飛びます


ここからは私の見解です。

精神力は、鍛えようと思って鍛えられるものではないと思っています。

「物は考えよう」
「気の持ちよう」

なんて言ったりしますが、その通りだと思っています。

困難を乗り越えるパターンは3種類です。

1、耐えて、コツコツ努力をする
2、パワーでぶっとばす
3、困難を困難と思っていない

我々日本人は1番が多いでしょう。
2番はヒーローですね。3番は無敵です。

どれが良いかは状況によりますが、どれも正解だと思います。

困難に直面したときの悪い反応として、
反省ばかりしている、というのがあります。
反省は必要なのですが、
反省だけしていても、状況は好転しないのです。

困難な状況、もしくは不利な状況にあって、
そこから抜け出したいなら、
今ある条件下で、どうにかするしかないのです。

ご訪問ありがとうございました。またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です