あくびを止める方法

朝礼であくびをして怒鳴られたことがあります。

生理現象なので仕方ないですが
他者に不快な思いをさせることがあるので
あくびを止める方法を知っておくと良いと思います。

私がやっている止め方をいくつか紹介しますので
好きな方法をお選びください。


1、舌を噛む

絶対に千切れるほど噛んではいけません。
少し痛いくらいがちょうど良いと思います。

2、唇を噛む

血が出ない程度に噛んでください。
上に同じく、少し痛いくらいがちょうど良いです。

3、身体のどこかをつねる

上に同じく、少し痛い程度に。

4、深呼吸

「あくびは脳に酸素を送るため」なんて言われます。

なので、脳に酸素を入れてあげましょう。
鼻から大きく吸って、口からゆっくり吐きます。

失敗すると「ふああ!」と声が出てしまうので
注意してください。

5、睡眠不足を避ける

「それができれば苦労しねえよ」

と思われるでしょうが、
ちゃんと寝たほうが良いと思います。

6、下を向いてごまかす

我慢しすぎるのも良くないと思うので
出すときは出してしまいましょう。

「おい!下を向くな!」

なんて言われることもありますが。

7、手で隠す

案外注意されません。
「眠い」という顔をせず、口を手で覆います。

何か考えている風なポーズをすると良いです。


クリックでamazonへ


こんな感じのポーズを応用しましょう。

上の画像だと口が隠れていないので
手で口を隠せば
「真剣に考え事をしている」ように見えます。

8、トイレに逃亡

トイレで仮眠しても良いです。自己責任で。

9、ブラックコーヒー

あくびが多いというか
睡眠不足気味のときに飲んでいます。

飲むとウンチをしたくなるのが難点ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です