君もいつかは経験するかも!胃もたれ・胸やけとどう付き合う?

匿名希望の方よりご寄稿頂きました

皆さんは日々の食事、満足に取れていますか。
問題なく取れている人は、満腹になるまで取れるのでしょうが、そうでない人も中にはいると思います。
むしろその人のほうが多い気がします。

私は元々痩せ型で、おなかいっぱい食べても平気なはずでした。
ところが、30過ぎてからでしょうか、満腹になるまで食べるのが厳しいと感じるようになりました。
きっかけは数年前のお盆の時期でした。
お盆は親戚の家に行っては大勢で飲み食いするのが日課で、この時も叔母から「これ食えや」「これ飲めや」といろいろ出され、断ることもできず飲み食いしていました。
いつもだったら楽しいはずですが、そのときは違っていました。
食べていくうちにだんだんとおなか周りが苦しくなってきたのです。
そしてついには激痛が走り、おなかもパンパンに膨れ上がり、ついには身動きが取れなくなってしまいました。
もちろん20代のころまではそんなことはありませんでした。
中年太りとか、胃もたれの話はいろんな方から聞いてはいたけれどまさか自分が、それもこのタイミングで…。
恥ずかしいやら悔しいやらで、何も言えませんでしたが苦しいのが顔に出ていたようで、母から「大丈夫か」と声をかけられてしまいました。

人間の胃は、加齢とともに機能が低下していくものです。
それとどう付き合えばいいのでしょうか。
私の場合ですが、あれから飲み食いするときは注意するようになりました。
まず注意したのは腹8分目です。
これは昔からいろいろなところで言われていることなのですがこれがとても難しいです。
食べているときは自分の体よりも目の前の食材に集中していますから、どうしてもおなか周りは二の次になるのです。
そう言っても、おなかを気にし過ぎると今度は楽しいはずの食事が楽しくなくなり、気まずい思いをすることになるのです。
その匙加減が難しいところです。


クリックでamazonに飛びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です