人付き合いの苦痛を克服する方法

苦痛なら、無理に人付き合いせずとも良いのですが
そうはいかない立場の方が多いと思います。

社会で生きていくうえで、
他者との関わりは避けられません。

その他者との関わりが苦痛だと
つらいことが多くなってしまいます。

そこで、私なりの苦痛の克服方法をご紹介します。
いろいろあるので、自分に合った方法をお選びください。


1、過ぎたことを引きずらない

・会話が盛り上がらなかった
・失礼なことを言ったかもしれない
・嫌われてしまったかもしれない

過ぎたことを気にしても仕方がないです。
悪いと思ったら謝るしかありません。
失敗したのなら、そこでひとつ覚えたということです。

2、慣れる

自分から人の輪に突撃して、慣れましょう。

失敗しても後を引かないところでやると良いでしょう。
職場以外の人の集まりに参加すると良いと思います。

素っ気なくあしらわれても、めげずに乱入し続けましょう。
じきに慣れてきます。

3、聞き役になる

人は、自分の意見や主張を他者に話したいものです。
そして、理解をされたいものです。

相槌を打ちながら質問してみましょう。
話し好きな人は、喜んでしゃべってくれます。
おもしろい情報が得られることもあります。

4、目を合わせる

人付き合いが苦手な人は
話し相手から目をそらしがちです。
目を合わせて、小刻みにうなずくと良いです。

5、挨拶

基本ですが、意外と忘れることがあります。
キチンとしておきましょう。

6、沈黙は問題なし

会話の間が空くことを怖がる方がいますが
問題ありません。

ずっとしゃべっていると疲れるのが普通です。
沈黙は休憩だと思いましょう。

7、合わない人は合わない

相性があるので、合わない人もいます。
仕方がないので、互いに嫌い合わないよう、
適度な距離をとって付き合うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です