新しいリーダーの形「サーバントリーダーシップ」

従来の支配型リーダーシップでは
組織が機能しづらくなってきています。
価値観の変化と多様化、
外部環境の変化の速さに
ついていけなくなっています。
そこで注目されてきたのが
「サーバントリーダーシップ」です。

「サーバント=使用人、召使い」ですが
言いなりになるわけではありません。
まずは奉仕や支援をし、信頼を得て、
それから主体的に動いてもらい、
チームに協力してもらう
、というものです。

今回は、このサーバントリーダーシップの概要と
リーダーシップの執り方について
ご紹介していきます。


もくじ

・サーバントリーダーシップとは
・支配型リーダーシップの限界
・サーバントリーダーシップのメリット
・サーバントリーダーのデメリット
・サーバントリーダーシップのやり方


・サーバントリーダーシップとは
前述しましたが、
まずは奉仕や支援をし、信頼を得て、
それから主体的に動いてもらい、
チームに協力してもらう状況を作る

というものです。

これはロバート・グリーンリーフという
アメリカの研究者が1970年に提唱したものです。
日本ではあまり知られていませんが
世界的に高い評価を受けており、
ピーター・ドラッカーにも称賛されています。

サーバントリーダーシップとは、
テクニックや方法ではなく、概念です。
分かりやすく言うと、「考え方」です。

メンバーに対して、まずは有益なものを与え、
モチベーションを向上させてから、
自主的にチームの利益になることをしてもらう、
というものです。
つまり、命令したり、
縛り付けたりする必要がないのです。

・支配型リーダーシップの限界
支配型リーダーシップは
管理や命令、上下関係によって
組織を維持するものです。
強制型リーダーシップとも呼ばれます。

多くの企業はこのスタイルのままです。
支配型では、ひとりのリーダーの統率力が
チームの成果を大きく左右しますが
優秀なリーダーが不足しているのが現状です。

リーダー(上司)が信頼されていないことも多く
リーダーが敬遠され、情報の伝達もなく、
みなリーダーの顔色をうかがい、
消極的に仕事をしています。

これでは生産性も上がらず、
新たな意見も出にくく、
外部環境の変化にも対応しづらくなります。

・サーバントリーダーシップのメリット
一番のメリットは、メンバーが主体的に行動することです。
自分の頭で考え、自ら学び、行動し、
チームの利益が最大限になるよう努力します。
自らの意思で行動しているので
モチベーションも自ら維持します。

つまり、
リーダーがガミガミ言わずとも
メンバーが勝手に成長してくれるのです。
リーダーの仕事は
メンバーが前向きになれる環境作りと、
大まかな方針の決断です。

リーダーとメンバーの心理的な距離も近づくので
意見やアイデアも出やすくなります。
顧客の要望や外部の動きなどの情報も
共有されやすくなります。

・サーバントリーダーのデメリット
日本では知名度が低く、成功例が少ないのです。
よって、会社の上層部からの理解が得られません。
従来の支配型リーダーシップとは
真逆のやり方なので
そう簡単に理解を得られません。
場合によっては叱責されます。

もうひとつ、サーバントリーダーシップは
ひとつの考え方なので
具体的なやり方が提示されていません。
教科書のようなものがないのです。
具体的なやり方は自分で考えるしかありません。
次項にて、私のやり方をご紹介します。

・サーバントリーダーシップのやり方
1、giveする

まずはgiveです。与えましょう。
仕事を教える、親切にする。
柔らかく話しかける。
信頼関係を築く最初の一歩です。

2、共感する
メンバーの感情、立場、苦労を共感します。
共感するには、メンバーをよく見ることです。
「あの人は大変だろうな」
「ちょっと今きついだろうな」
常に気を配っておきましょう。

3、フォローする
メンバーがピンチのときは、フォローします。
前項の共感ができていれば
フォローのタイミングはわかるはずです。
軽く声をかけ、気持ちを前向きにしてあげましょう。

4、洞察
仕事に対する洞察、メンバーに対する洞察、
会社の上層部に対する洞察、
あらゆることに対して、洞察力をつけましょう。
変化を敏感にキャッチし、
常に先手を打てるようにしておきましょう。

5、便利屋になる
「サーバント=使用人」です。
レベルの高い仕事から雑用まで、
全部こなせるようになってください。
欠員などが出た場合、自分で埋めます。

6、成長を見守る
親や兄姉になったつもりで、
暖かい目で成長を見守りましょう。
苦しんでいたら、当然フォローしますが
基本的には何も言いません。
メンバーは主体的に動いているのですから、
邪魔してはいけません。


まとめ

サーバントリーダーシップとは
従来の支配型リーダーシップとは逆の考え方です。
支配型を100%否定するわけではありません。
今までは、支配型で経済成長してきたのです。
しかし、支配型では時代の変化についていけません。
生産性も上がらず、離職も多く、
心の病を患う人を多く生んでしまっています。

今のままでは、
日本の組織が立ち行かなくなると
私は思っています。
アメリカの真似をして合理化をはかりましたが
上手くいっていません。
中途半端に合理化して、
中途半端に情緒的なのです。
日本人に合わないのだと思います。
中途半端に真似をした結果、
家族的な温かみは失われたと言われています。

余談が入りましたが、
新たなチーム、新たなリーダーが求められています。
ぜひ、このサーバントの考え方を
取り入れてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

書籍はこちらがおすすめです。
リーダーシップだけでなく
人間関係にも役立ちます。

“新しいリーダーの形「サーバントリーダーシップ」” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です