自営業をやりたい人におすすめの本【自宅で始める自営業ガイド】

大きな不況は、10年に1度は来ると言われています。
当然ですが、経済のダメージは自営業にも影響します。
しかし、それでも自営することを考えたほうが良いと思っています。
自力で稼ぐ能力が必要だからです。
収入を一か所に依存するのは危険です。

会社勤めに満足できない人、
アフィリエイトや転売に魅力を感じない人、
好きなことを仕事にしたい人、
自由に生きたい人、
そんな人におすすめの本がこちらです。

「自宅で始める自営業ガイド」
2009年に出された古めの本です。
2009年はリーマンショックの翌年、経済的には苦しい時期ですが、
こんなときだからこそ、独立を考えよ、という趣旨です。

著者は、元時事通信の記者で、
独立開業の無料相談(2020年現在休業中)や、
中小企業診断士として、コンサルティングをしているそうです。

こちらの本では、
自営に必要な心構え、業種選びのヒント、
失敗事例、成功事例などが紹介されています。

筆者いわく、自営は誰でもできる、との事。
筆者は自身のことを
「集団嫌いの超消極的な人間」と評しています。
そんな人間こそ自営を考えよ、としています。

この本は5章から構成されています。
1、独立への適正・業種ごとの適正
2、商いのヒント~ニーズと立地の研究
3、準備編~いかなる準備が必要か
4、実践編~先輩に聞く「独立」のありかた
5、自営の哲学

実践的な内容は薄く、
独立を検討中の人や、独立に興味を持っている人の
背中を押す内容の本かと思います。
実践編では事例が紹介されているので、
検討中の人には参考になるかと思います。

ここからは私の見解です。

本業以外の収入を得ようと思い、インターネットで検索をすると、
出てくるのはアフィリエイトや転売など、ネット収入系の情報です。
怪しい情報も多いですが、
真剣に取り組めば、ある程度稼げると思います。

ただし、誰にでもできる分、参入者が多く、競争相手が多いので
過当競争を避けたい人は、違う道を模索するのも良いかと思います。

この本ではあまり触れられていませんが、
これから自営するなら、インターネットの活用は不可欠でしょう。
twitterなどのSNSや、youtube、ブログで検索からの流入を狙うなど、
少額で集客に使えるツールがたくさんあります。

ネットをうまく活用できる人が有利なのは間違いありません。
うまく活用している人は、宣伝だけするのではなく、
ユーザーが知りたい情報、ユーザーの役に立つ情報、
知的好奇心を満たすような情報などを発信して、集客をしています。
まだSNSなどを使っていない方は、慣れておくと良いでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です