人間関係に疲れたときの対処法

人と接するのが億劫になることは
誰にでもあると思います。
「めんどくさいから誰も話しかけないでくれ」
なんて思ってしまいますね。

そして、これが言動に表れてしまうと
もっと面倒なことになったりします。
めんどくさいですね。

そこで、めんどくさくなる原因と
対処法をお伝えします。


もくじ

めんどくさい原因
・人目を気にしすぎている
・嫌われてはいけないと思いすぎている

対処法
・一人の時間を確保する
・良い人でいようとしない
・嫌われても嫌わない
・切る人は切る


めんどくさい原因
・人目を気にしすぎている

人からどう思われるかを
気にしすぎていないでしょうか。
他人が自分にする評価というのは
かなりいい加減です。
気にすることはないのです。

厄介なのは、陰口などを聞いた人が
それを真に受けてしまうことですね。
「あの人感じ悪い」という軽い一言が
周囲に伝播していき、
上司からもそう思われてしまうことがあります。

これは、一時的にそう思われたとしても
普段からあなたがキチンとしていれば
そのうち払拭できます。
陰口を叩くような人とは、
黙って距離を置くのが良いでしょう。
周囲もそのうち気づきます。

・嫌われてはいけないと思いすぎている
前項と重複しますが
嫌われると悪口を言われたりします。
後のことを考えて
嫌われることを恐れてしまうのです。
嫌われないようにするあまり
良い人を演じ、疲れるのです。

職場など、公の場では
ある程度自分を演じる必要がありますが
無理のないようにしましょう。
品行方正な良い人を演じるのは疲れます。
ちょっといい加減なところが出ても良いのです。


対処法
・一人の時間を確保する

人と関わることに疲れたら、一人になりましょう。
他人といると、気を遣うので
必ず一人の時間を確保してください。

一人で遊びに行くのでも良いですし、
家にひきこもるのも良いです。
私のおすすめは、スキルアップのための勉強です。
もしくは、副業にチャレンジするのも良いと思います。

・良い人でいようとしない
前述しましたが、良い人を演じるのは疲れます。
あなたが本当は汚い人間だと言うのではありません。
悪い部分をさらけ出せというのでもありません。

「良い人でいなければならない」という
思い込みを外しましょう。
もしくは、「良い人を演じている」と自覚し、
職場にいるときのみ割り切りましょう。
勤務時間が終わったら
自分を解放してあげましょう。

・嫌われても嫌わない
良い人を演じるのをやめて、嫌われたとしても
自分を嫌う人をを嫌わないほうが良いです。
他人を嫌いになると
その人の悪い部分を探したり、
その人に良いことがあると、
気分が悪くなったりします。

つまり、嫌いな人をずっと見ることになるのです。
これをやると、余計に疲れます。
自分を嫌わない人との関係を大切にしましょう。

・切る人は切る
陰口を叩く人とは距離を置きましょう。
人を傷つける言動をする人も切りましょう。
無理に良い関係を作る必要はありません。

また、どうしても相性の良くない人もいます。
こういう人とも、距離を置きましょう。
合わないことがわかっているなら、
お互いに爆発しないよう、
距離をとるのが大人だと思います。


まとめ

めんどくさい原因
・人目を気にしすぎている
・嫌われてはいけないと思いすぎている

対処法
・一人の時間を確保する
・良い人でいようとしない
・嫌われても嫌わない
・切る人は切る

人間関係に関する悩みは尽きません。
永遠のテーマなのかもしれません。
どうしても辛ければ、転職か独立を考えましょう。
副業をして、本業のほうは
人生のおまけにしてしまうのもアリだと思います。

ひとつ、大事なことは、
前述しましたが、「嫌われても嫌わない」ことです。
関わりたくない人がいたとしても
その人を敵にしてはいけません。
その人の不幸を望んではいけません。
その人の不幸を望むような状態になってしまったら
転職か独立を考えましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です