プライドが高い人の心理【プライドの捨て方】

プライドが高いと、苦労することがあります。
プライドが傷つけられると、ストレスになります。
攻撃的になってしまうこともあります。
すると、人が離れていきます。

プライドをもって何かに取り組むことは
決して悪いことではありませんが、
弊害もあります。
中途半端なプライドなら、捨ててしまいましょう。


もくじ

・プライドとは何か
・自信のなさの裏返し
・間違ったプライドの捨て方(正しいプライドの持ち方)

1、自信をつける
2、謙虚になる
3、感謝する
4、失敗を楽しむ


・プライドとは何か
「プライド=自尊心、誇り」です。
自分自身を尊重したり、
自分自身に名誉を感じることです。

しかし、「プライド」という言葉を聞くと
負けず嫌いな人だったり、
わがままな人が思い浮かんでしまいます。

プライドとは、自分を尊重する心です。
相手を負かすためであったり、
自分の優越感を誇示するものではありません。

プライドの意味を間違えると
自分のメンツを守るために
権力争いをしたり、怒ったり、憎んだり、
権力や肩書きに執着したりします。

プライドとは、自分を尊重する心です。
自分で自分を認めることです。
自分の生き方に対する誇りです。
「深い自信」と言えばわかりやすいでしょうか。
他者からの評価は関係ないのです。

・自信のなさの裏返し
間違ったプライドを持って
ちょっとしたことで怒ったりスネたりする人は
本当は自信がないのです。
自分でも気づいていません。

自信がないので、
自分のメンツ(間違ったプライド)を傷つけられることを
必要以上に恐れ、
必要以上に抵抗するのです。

他人になにかを言われて、
いちいち過剰に反応するということは
「本当のプライド(深い自信)」を
持っていない証拠です。

・間違ったプライドの捨て方(正しいプライドの持ち方)
1、自信をつける
「プライド=自分を尊重する心」です。
「プライド=メンツを守る」ではありません。
まずは、自分が正しいと信ずることをしましょう。
自分を信じて、まずはやってみましょう。

正しいプライドとは、生き方に誇りを持つことです。
失敗しても良いのです。
他者からの評価は関係ありません。

自分で決めて、自分の意志で行動してください。
本当に自分の意志で行動や決断をしている人は
実はかなり少ないです。

2、謙虚になる
自分の無力さを知ることは
プライドを失うことではありません。
何度も言いますが
「プライド=自分を尊重し、生き方に誇りを持つ」です。

私たちには知らないことがたくさんあります。
私たちは愚かで、よく間違えます。
それで良いのです。
ただ、自分を卑下してはいけません。
自分を卑下すると、本当のプライドは持てません。

3、感謝する
繰り返しになりますが
「プライド=自分を尊重し、生き方に誇りを持つ」です。
人の下に位置することは、プライドとは関係ありません。

感謝を忘れない生き方をお勧めします。
人は、一人では生きられません。
直接的ではなくても、
何らかの形で、他者に助けられています。

「人は、一人で生きる力がなければならない
しかし、本当に一人で生きることはできない」
忍空より


4、失敗を楽しむ
失敗は成長の母と言われます。
人目を気にする必要はありません。
失敗したら、成長するのです。
どんどん失敗して欲しいと思います。

間違ったプライドを持った人は、
失敗を嫌がります。メンツが潰れるからです。
そして誰かが失敗すると、攻め立てます。
これでは人が離れていきます。
他人の失敗を責めるのはやめましょう。
失敗をプラスと捉え、前を向くことをお勧めします。


まとめ

「プライド=自分を尊重し、生き方に誇りを持つ」

間違ったプライドの捨て方(正しいプライドの持ち方)
1、自信をつける
2、謙虚になる
3、感謝する
4、失敗を楽しむ

本当のプライドを持っていれば
他者からの視線は気にならなくなります。
間違ったプライドは自分を苦しめます。
今はよくても、
いずれ自分の首を絞めることになるかと思います。

「本当のプライド=自分を尊重し、生き方に誇りを持つ」
実践してみてください。
人生が明るくなるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です