人生にやる気が出ない人への処方箋

・病気ではないのに異様にやる気が出ない
・仕事がつまらない
・職場に行く気がしない
・なにに対してもやる気が出ない

そんな自分を変えようと思っても

「めんどくさい」
「今度でいいや」

なんて考えて、ダラダラと時間を浪費します。

その状態、すごく理解できます。

ダラダラした人生もありだと思いますが
できたら変えたほうが良いと思います。
時間は貴重です。

やる気が出ないのには理由があります。
やる気を出す方法についても研究されています。

そこで、
やる気が出ない理由と、やる気を出す方法をご紹介します。


やる気が出ない理由

1、評価されていない

自分が行動しても、それが他者から評価されないと
やる気が下がります。

「行動→評価されない」「行動→評価されない」
これが繰り返されると
行動しても評価してもらえない、と刷り込まれてしまい
行動を起こそうとしなくなります。

人は他者からの承認を求めています。
「承認欲求」といいます。
承認を求めて行動しますが、
行動しても無駄だと無意識に刷り込まれてしまうと
承認を諦め、行動しなくなるのです。

2、自己評価が低い

「どうせ結果が出ない」と諦め、行動しません。

自己満足で良いので、
小さな成功体験をすると良いと言われています。

3、価値を感じない

「こんなことをして何になるのだろう」的なものです。

価値を見出せなければ、やる気は出ません。
価値の再確認をすると良いでしょう。

4、睡眠不足

良い睡眠をとっていないと、脳の機能が低下します。
寝てください。

5、栄養不足

脳が活動するには栄養が必要です。
食生活を見直しましょう。

6、糖分過多

糖分は脳の栄養源のひとつですが
摂りすぎると血糖値が乱れるので、良くないとされています。

7、現状維持バイアス

こちらの記事をどうぞ
行動できない原因と対処法【現状維持バイアス】

8、やり方がわからない

目的があってもどうしたら良いかわからない。
面倒だ。そして諦める。

最終目標だけでなく、
短期目標、中期目標を定めると良いと言われます。


やる気を出す方法

1、すべきことを具体的に定める

「10㎏やせる」が目標なら
「筋トレする」がすべきことです。

しかしこれでは漠然としているので
「毎日腕立て伏せ30回」「腹筋30回」など
数字を入れると良いそうです。

2、音楽を聴く

音楽を聴くと脳が元気になると証明されています。
勉強とは相性が悪いですが
ダイエットとは相性が良いはずです。

3、自己暗示をかける

「ワタシハタノシイ」
「ワタシハシアワセ」

ひたすら口に出してつぶやき、自分の脳を騙します。

警察を呼ばれないように注意しましょう。

4、栄養を摂る

やる気に大きく関係するのは脳なので
脳を元気にしてあげましょう。

食生活を見直して、キチンと寝ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です