私は自宅で調理を楽しんでいます【寄稿】

まおさんより寄稿していただきました!

私は子供の頃から料理を作るのが好きだったので、
中学生の頃からパスタやグラタン、カレーライス、ハンバーグなどの、
比較的作りやすい料理から始めました。
最初はみじん切りをしたり、食材に火が通る加減などが難しかったです。

母親は私が幼児の頃から働いていたので、
祖母に料理を教わることが多かったです。
祖母に基本的な野菜の切り方、ご飯の炊き方などを教わりました。
中華料理やイタリアンなどにも挑戦したかったので、
書店で料理本を購入して試行錯誤しながら挑戦することが多かったです。

父親は45歳の時に脱サラをしたので、
高校を卒業してから自営業のお好み焼き屋を手伝うことになりました。
お好み焼きを作るのは、あまり経験がなかったですが、
少しずつ慣れてきて上手に焼けるようになりました。
お客さんも増えてきて、20年以上お店を続けましたが、
父親が重い病気になったのでやむおえず閉店することになったのです。

その後私は結婚をして、主人や妹の好きな料理を作る機会が増えました。
主人はお好み焼きや焼きそばが大好きなので、
ミックス焼きやモダン焼き、オムロール焼きそばなどを
休日に作ってあげることが多いです。
家族がとてもよろこんでくれるので、調理をするのが楽しいです。

エルセーヌ「やせる道場?」エステ体験行ってみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です