心に余裕を持つ方法【本能に従え】

心に余裕がないと、些細なことが気になったり
必要以上に焦ったりして、
悪い結果を生みやすくなります。
精神的にも窮屈になるので、健康にも悪いです。

今日は、心に余裕を持つ方法をご紹介いたします。


もくじ

心に余裕を持つ方法
1、常識を捨てる
2、自愛する
3、難しいことを考えない
4、本当にやりたいことを見つける


心に余裕を持つ方法
1、常識を捨てる
「これはこうすべきだ」
「自分はこうあるべきだ」
「社会人としてこうあるべきだ」など、
自分で自分を縛って、
自ら窮屈な生き方、考え方をしてしまうと、キツイです。
常識を捨てましょう。

常識は、場所や人によって変わります。
常識とは、中身があいまいなものです。無駄なものもあります。
自分の中の常識を断捨離してみましょう。

2、自愛する
心に余裕がないときは、ストレス過多の状態です。
心身ともに健康になりましょう。
疲れていたら休みましょう。楽しいことをしましょう。
ときには本能のままに動くことも必要です。

3、難しいことを考えない
考えるのをやめてみましょう。
前述しましたが、本能のままにしてみましょう。

考えるのは疲れます。答えが出ないことも多々あります。
明確な正解など存在しないことが多いです。
正解を出さなくても良いのです。出せないのです。

4、本当にやりたいことを見つける
自分が本当にやりたいことは、普通に考えても見つかりません。
まずは視野を広げてみましょう。
そして、知らない世界に触れてみましょう。
今までしなかった行動をしてみましょう。
詳しくは、別の記事に書いてあります。

参考記事:やりたいことを見つける方法【ちっぽけでOK】


まとめ

心に余裕を持つ方法
1、常識を捨てる
2、自愛する
3、難しいことを考えない
4、本当にやりたいことを見つける

短い記事となってしまいましたが、
難しく考えず、気楽さを持ったほうが良いと思います。
常識などの固定観念を捨ててみて、本能に従ってみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です