気分を上げる方法【気持ちが落ち込んだときの対処法】

世の中いろいろありますが
元気があればなんでもできるらしいです。


クリックでamazonに飛びます


気分が落ち込みがちだと免疫力も落ちるといいますし
自律神経のバランスも崩れやすいといいます。

気持ちが落ち込んでいるあなたのために
私なりの対処法をご紹介します。
元気が出ないあなた、元気だしてください。


気分を上げる方法

1、背筋を伸ばす

コルチゾールというストレスホルモンが減少するといわれています。
コルチゾールは増えすぎると血圧や血糖値が高くなり
免疫機能の低下などをもたらすそうです。

また、肩をすぼめて背中を丸めていると
弱そうに見られ、攻撃を受けやすくなります。
背筋を伸ばすと外からのストレスも軽減されます。

2、なにも考えない

お茶かコーヒーを飲みながら、ボーっとしましょう。
脳をリセットし、自律神経が整える効果があるとされます。

犬や猫がいれば、犬猫と戯れるのも良いとされます。

3、シャワーを浴びる

想像がつくと思いますが、すっきりします。

4、日光に当たる

精神を安定させる脳内物質のセロトニンが分泌されます。
日射病にならない程度に。

5、運動する

代謝が良くなるし、脳が刺激されます。
今の季節(7月)は汗でビショビショになりますが
汗をかく程度にやったほうが良いと思います。

6、新しいことを始めてみる

わからないことだらけで頭がいっぱいになるので
負のスパイラルから抜け出せます。
ただし、疲れます。

7、開き直る

「もうどうでもいいや」と投げ出そうとしたら
新しいアイデアや解決策がふっと湧いてくることがあります。

ひとつのことで悩んで落ち込んだりするとき、
どうしても視野が狭くなりがちです。
そんなときは開き直っていい加減な人になってみましょう。

真面目なのは良いのですが
固定観念に縛られやすいデメリットがあります。
開き直って固定観念や常識を外してみると
意外なアイデアが出てきたりします。

8、無理に元気になろうとしない

なんとか気分を上げようと、自分を鼓舞しても
うまくいかず、逆に無気力になってしまうケースが多いです。

気分の浮き沈みはある程度避けられないので
沈んでいるときは、それ以上悪化しないようにします。
ストレスになるものはできるだけ避けると良いでしょう。

9、世捨て人になる

・俗世間を捨てて仏門に入る
・人里離れた山の中で暮らす
・ホームレスになる

自己責任でお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です