イライラを抑える方法【キレる前に手を打とう】

誰でもイライラすることはあります。
どうにもおさまらないことがあります。
イライラすると疲れるし、どうにかしたいものですね。

そこで、イライラする原因と
イライラを抑える方法をご紹介いたします。


もくじ

イライラする原因
1、期待を裏切られた
2、価値を否定された
3、自分と比べている
4、疲れている

イライラを抑える方法
1、深呼吸
2、移動する
3、自然と共になる
4、甘い物を摂る
5、ちゃんと寝る
6、何に対して腹が立つのか確認する


イライラする原因
1、期待を裏切られた
「思うようにいかない」というのものです。
人は、結果を予想します。
予想が外れると、苛立ちます。
期待を裏切った相手に対しても、
予想を外した自分に対しても苛立ちます。

腹を立てても仕方がないのですが、
人間とはそういうものなのです。
「思うようになることは少ない」と理解していれば
苛立ちは緩和されます。

2、価値を否定された
原理は「期待を裏切られた」と同じです。
自分は良い評価をされると思って行動していたのに、
相手からは悪い評価をされてしまう。
気分が悪くなって当然です。

低評価をつけられたり、悪口を言われたり、
軽く扱われたりすれば、
「自分の存在価値を否定された」と受け取るものです。

他人の態度や他人からの評価を
気にしすぎるのはやめましょう。
他人の人生を生きていることになります。
自分が納得していれば良いのです。

3、自分と比べている
「自分ならこうするのに」
「自分なら上手くやれるのに」と思うと
イライラしますね。

こちらも、「期待を裏切られた」と同じ原理です。
何事も、自分の思うようにはいかないものです。

4、疲れている
疲れていると脳の機能が低下します。
冷静に考えれば腹を立てることではないのに
イライラしてしまう。
こんなときは、疲れているのです。休みましょう。


イライラを抑える方法
1、深呼吸
ありきたりですが、有効です。
鼻から大きく吸って、口からゆっくり吐きます。
キレそうになったら深呼吸しましょう。

2、移動する
キレる前にその場を離れて、気持ちを落ち着かせましょう。
イライラの対象が人であれば、視界から外しましょう。
なるべく広い場所が良いです。
深呼吸も同時に行いましょう。

3、自然と共になる
人間は、自然に触れると本能的に安心します。
草花や木、川や海など、なんでも良いです。
人工物の少ない場所が理想です。

4、甘い物を摂る
脳の栄養分であるブドウ糖が不足してる可能性があります。
アメをなめるなどしましょう。
ビタミンも同時に摂ると尚良いです。

5、ちゃんと寝る
疲れている可能性があるので、休息をとりましょう。
イライラしているときは寝つけないこともありますが
深呼吸し、「つかれたな~」と頭の中でつぶやき、
自己暗示をかけると良いです。

6、何に対して腹が立つのか確認する
何が原因でイライラしているのか確認しましょう。
前述した原因も踏まえたうえで、
「相手のどこが気に入らないのか」
「なにに対して納得していないのか」
再確認しましょう。
気にする必要のない場合が多々あります。


まとめ

イライラする原因
1、期待を裏切られた
2、価値を否定された
3、自分と比べている
4、疲れている

イライラを抑える方法
1、深呼吸
2、移動する
3、自然と共になる
4、甘い物を摂る
5、ちゃんと寝る
6、何に対して腹が立つのか確認する

イライラ、苛立ちの原因は
「自分の思うようにならない」というものがほとんどです。
絶対にイライラしないことは不可能です。
上手にコントロールして、自分が損をすることのないようにしましょう。

物事が自分の思う通りに進ことなど、ほぼありません。
苛立ったり、怒りを感じることは悪ではありません。
繰り返しますが、損をすることのないように、コントロールしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です