自分は無価値だと思ったときの対処法

自分には価値がないと思っているそこのあなた。

私も似たようなものです。

いま、おそらく辛いと思いますが
自分に価値がないことを悔やむ必要はないと思います。

いろんな意見がありますが、
私は人は無価値で良いと思います。
代わりなんていくらでもいます。
人生楽しんだもの勝ちですよ。

ただ、これだけでは情報が足りないと思うので
「無価値感」について書いていこうと思います。


自分は無価値だと思っている人が注意すること

1、他者に尽くしすぎる

自分に自信がなく、他者に依存しやすいので
恋人にお金を貢いだり、ホストに貢いだりしやすいです。
仕事においては、
損な役回りを押し付けられやすいです。
自分が損をすることはキッパリ回避しましょう。

2、他者に執着する

他者に貢ぐのも執着のひとつですが
逆に、傷つけることに躍起になるケースがあります。

自分にないものを持ち、
幸せそうに見える人が憎らしくなることがあります。
嫉妬心がエスカレートすると、
その人を攻撃するようになります。

犯罪になるケースもあるので、やめましょう。


無価値感から脱却する方法

1、今を大切にする

無価値感に悩まされる人は、
過去の経験が原因となっているケースが多いと言われます。

幼少期の暗い経験、他者から非難され続けてきた、
信頼する人に裏切られた等、
過去にとらわれている状態です。

過去は過去と割り切って
今を楽しみ、充実させましょう。

2、自己肯定

他の記事で何度か書いていますが
自己肯定感が低いと、人生ハードモードです。

まずは自己を肯定しましょう。
冒頭で、人は無価値で良いと書きましたが
無価値で良いのです。

価値のない人間が
適当に遊んで楽しく暮らして何が悪いのでしょう?

極端な言い方ですが
無価値であることに悩んでいる人は
なにか世の中の役に立つことをしようとするものです。
そこに小さな価値があります。
実はまったくの無価値ではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です