何をやってもうまくいかないときの対処法

何をやってもうまくいかないとき、
良くないことが続いたりすることがありますね。
どうにかしようと対処しても
さらに悪いことが起きたりします。

そこで今回は、
何をやってもうまくいかない原因と
対処法をご紹介したいと思います。


もくじ

何をやってもうまくいかない原因
1、偶然
2、焦る
3、疲れている

対処法
1、ジタバタしない
2、平常心を保つ
3、休む
4、出口戦略


何をやってもうまくいかない原因
1、偶然
悪いことが立て続けに起きたりすると
悪霊の仕業かと思ってしまいますが、
だいたい、ただの偶然です。
偶然悪い出来事が重なっているだけです。
誰にでもあることです。
逆に、良いことばかりが続くこともあります。
ただの偶然ですので、
深く考えないほうが良いと思います。

2、焦る
なにをやってもうまくいかないと、
どうにかしなければ、と思って
深く考えずにやり方を変えたりします。
それがまた悪い結果を生んでしまい、
負のスパイラルになってしまう。
なんてことがあると思います。
自分になにか問題があると考え、
自分のやり方を変えるのは良いのですが、
問題なのは、
焦っているので、
冷静に見直していないのです。
悪いことが続いているときは
大きな動きはしないほうが良いです。
微調整に留めましょう。

3、疲れている
気づかないうちに疲れがたまっていて、
パフォーマンスが落ちているのです。
身体が疲れているときは、
どこかが痛くなったりして、
自覚ができますが
精神的に疲れている、
または脳が疲れているときは
明確な痛みがないので
気づかないことがあるのです。
調子が悪いときは、休みましょう。


対処法
1、ジタバタしない
悪いことが続くときは、
大きな動きは避けましょう。
台風が来たときのように、
防御に徹しましょう。
嵐が去るのを待つのです。
このとき、ただ待つだけでなく、
自分に良くない部分がないか
見直してみましょう。
自分の良くない部分が見つかったら
嵐が去ったあとで、変えていきましょう。

2、平常心を保つ
焦ってはいけません。
よく考えないでなにかを変えるのは
焦っている証拠です。
「こんなときもある」と思ってください。
焦れば焦るほど、悪い方向に行きます。

3、休む
少し休みましょう。
スポーツ選手にも、スランプがあります。
一般人も同じです。スランプなのです。
スポーツ選手も、スランプに悩みます。
スランプの原因は、
気づかないうちにフォームが崩れていたり、
疲れがたまっている、などです。
スポーツ選手は、
コーチにフォームを見てもらったりしますが
それでもなかなか、スランプから脱せなかったりします。
良い結果が出ないなら、休んでしまいましょう。

4、出口戦略
悪いことが続くとき、
自分の中に原因がある場合もあります。
そこを見つめなおしましょう。
スランプが長く続くなら、
周囲に相談するのも手です。
修正できるところは修正し、
上向いてきたら、明るい環境に変えましょう。
散髪に行く、模様替えをするなど
気持ちを上向きにしましょう。
流れに逆らわないことです。
悪いときはジタバタせずに大人しくしておき
良いときは良い流れに乗っていきましょう。


まとめ

何をやってもうまくいかない原因
1、偶然
2、焦る
3、疲れている

対処法
1、ジタバタしない
2、平常心を保つ
3、休む
4、出口戦略

「何をやってもうまくいかない」
「悪いことばかり続く」など、
一時的である場合が多いです。
あまりにも長く続く場合は、
今の環境が合っていない可能性があります。
そんなときは、転職や引っ越しなどをしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です