挑戦に反対されたときの対処法【ドリームキラー】

・夢に反対された
・独立に反対された
・結婚に反対された
・願望をバカにされた

夢や願望を親や職場の人に話したら
バカにされたり反対されたりすることがあると思います。

ドリームキラーなんて言われたりしますが
いくつかタイプがあるので
ドリームキラーのタイプと
対処法を書いていこうと思います。


ドリームキラーのタイプ

1、善意で心配している

失敗したときのあなたを心配して反対しています。
この場合、どうしても挑戦したければ
がんばって理解してもらいましょう。

2、他人の成功が許せない

他人の成功を目の当たりにすると
自分の価値が低く思えてしまうので、潰そうとします。
このタイプは無視して良いです。

3、固定観念

常識に外れたことは受け入れられないものです。
常識の中身は人によって違います。
価値観はそれぞれなので
そういうものだと思いましょう。

4、暴走を静止しようとしている

なにかを成し遂げようとするとき
周囲が見えなくなる場合があります。
それを静止しようとしているケースがあります。
自分が間違っていないか、再確認してみましょう。


反対されたときの対処法

1、落ち着いて考えてみる

反対者の言い分も参考にしましょう。
自分が間違っている可能性もありますし
反対者が間違っている可能性もあります。

2、自分の感性に従う

考えてもよくわからない場合、
自分の感性に従うと良いかと思います。

3、説得

相手が善意で忠告しているなら
説明して理解を得たほうが良いと思います。
期待はしないほうが良いですが
協力者になってくれるかもしれません。

4、無視

説得が無理なら、完全無視で突っ走ります。
自分の人生なので、
好きなようにしたら良いと思います。

5、話さない

そもそも、願望を話さなければ、
反対されることはありません。
先に既成事実を作ってしまえば良いのです。

後で発覚したときのことは知りませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です