上司への不満が爆発しそうになったときの対処法

職場における人間関係、
特に上司のとの関係は
仕事にも大きく影響します。

上司に対して、不満のない人は少数派でしょう。
不満があって当然です。
ですが、上司も人間です。
完璧な上司などいないのです。
それを踏まえた上で、対処していきましょう。

対処法
・深呼吸をする
・自分の意識を変えてみる
・上司に期待をしない
・意見と感情を区別する
・距離を置く
・サヨナラの準備をしておく

それぞれ解説していきます。


・深呼吸をする
キレそうになったら、深呼吸です。
軽く目を閉じ、息を深く吸い込み
ゆっくり吐き出しましょう。

職場でキレると、収入が途絶えることになります。
(筆者の実体験です)
自分が損をしますので
キレる前に、対処をしてください。

・自分の意識を変えてみる
対人関係のストレスの大きな原因は
「あいつがおかしい」「あいつが悪い」
と思い込んでいることです。

実際、相手がおかしいのかもしれませんが
相手の頭の中を変えることはできないのです。
「ああいう人だし、仕方がないかな」と
諦めてしまうことです。

・上司に期待をしない
理想と現実のギャップが大きいのも、
ストレスの原因のひとつです。

「目上の人間は完璧であるべきだ」
と思っていませんか?
「偉そうなこと言うのなら、自分がちゃんとしろよ」
と思っていませんか?

間違いではありませんが、現実的に無理です。
上司もただの人間。完璧ではないのです。

上司には上司なりの苦労があります。
周囲の目、評価を気にしなければなりません。
チーム全体で成果を出さなければなりません。
上司もプレッシャーの中にいるのです。
そこは理解しておきましょう。

・意見と感情を区別する
上司からなじられるとき、
理屈に基づいた意見」なのか、
感情的な文句」なのか、
キチンと区別しましょう。
感情的な文句は、無視して良いです。

上司も間違えることがあります。
間違いだらけの上司もいます。
言われたことをすべて真に受けず、
情報価値の低いものは、
容赦なく受け流してしまいましょう。

・距離を置く
関係改善を諦め、距離を置くのも手です。
業務上必要なホウレンソウのみ淡々と行い、
余計な会話は一切しない、というやり方です。

このとき、上司も
こちらが距離を置いていることに気づきますので
あらかじめ、人事担当者や、
上司の上司に相談しておきましょう。
「合いません」と。

相性の良くない人と
無理に距離を詰めようとすると
必ずどこかで爆発します。
爆発する前に手を打っておきましょう。

・サヨナラの準備をしておく
どうしてもイヤなら、サヨナラです。
前述しましたが、人事担当者などに相談したり
転職、もしくは起業を考えておきましょう。

耐えきれなくなって精神を病んだり、
爆発して突然収入が途絶えたりする前に
お別れの準備を整えておくことをお勧めします。

転職のためのスキルアップ、情報収集、
副業などしておくと良いでしょう。


まとめ

上司への不満が爆発しそうになったときの対処法
・深呼吸をする
・自分の意識を変えてみる
・上司に期待をしない
・意見と感情を区別する
・距離を置く
・サヨナラの準備をしておく

理不尽なことが多々あると思いますが
上下関係とはそういうものです。
それではいけないと私は思いますが
下っ端がどうにかできることではありません。
どうしてもイヤなら、退職するしかありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です