冬の暖房設備について私が迫ってみたお話【寄稿】

匿名希望の方より寄稿していただきました

日本は四季が存在する国のため、
暑い季節もあれば寒い季節も1年を通じてやってきます。
そんな中でこれからは寒い冬を迎えるのです。

寒くなると外出時の対応として洋服を何枚も着込んだりするものの、
室内にいる時は基本的に暖房設備を使用している方が大半と思います。

そんな中で洋風の暖のとり方として思い浮かぶのが暖炉ではないでしょうか。

薪を燃やしてその近くで椅子に腰掛けている様子を思い浮かべ、
何ともゆったりとした時間が過ぎていくのが理想的な光景かもしれません。

私たちの住む日本ではコタツを使用した暖房設備が多いのではないかと
個人的には思うのです。

また室内をストーブやエアコン、ファンヒーターなどで暖めておいて
その空間でコタツに入って暖をとるのは最強の方法になります。
コタツに入ってごろ寝なんて心地いい至福の時でもあるのです。
それと定番中の定番だと思うものの、
コタツに入りながらみかんを食べるのもいいものになります。

そんな中でストーブやファンヒーターを使用している場合、
数時間ごとに室内の換気をしてあげることが重要と言われているのです。
なぜならば新鮮な空気を取り入れてあげることにより、
においや湿気の排出などが期待されます。
このように新鮮な空気は健康面でも必要不可欠です。

ただせっかく暖められた空気も排出されてしまうのがちょっと残念でなりません。

また冬の季節でもっとも大変と思われるのが北国に住まわれている方々でしょう。

寒さがキツイばかりではなく、その期間も長いために
暖房にかける費用も相当なものと思います。
以前TVで放送していたのはストーブなどに使用する灯油を
1回にたくさん購入し、ドラム缶並みの大きな容器に溜め込んでいたのです。
これを見ると北国の生活スタイルが想像できてしまいます。

あったかグッズ amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です