気が小さい性格を治す方法

・周囲からの視線を気にしすぎる
・失敗を恐れて行動できない
・チャンスをつかみにいけない

こうした心理的なクセがあると
損をする場面が多いことでしょう。

そんな自分を変えたいと思っているなら
少し意識するだけで変われると思います。

ここでは
気が小さくなっている原因と
気が小さい性格を治す方法をご紹介します。


気が小さくなっている原因

1、劣等感
2、他人の言うことを聞きすぎる
3、失敗を恐れすぎる

気が小さい性格を治す方法

1、リスクを計算する
2、リスクの対処法を考える
3、リスクを許容できる範囲で動く
4、失敗に慣れる
5、結果を出す


気が小さくなっている原因

1、劣等感

「自分はダメだから」
「どうせ自分なんて」

なんて思っていませんか?

それ自体は悪くないと思います。
私も劣等感だらけの人間です。

劣等感を持っていると
「自分は劣っているから上手くいくはずがない」
と思って、挑戦も努力もせずに諦めてしまいがちです。

惰性で生きていくのも悪くはないと思いますが
より良い人生にしたければ、
挑戦しないと良い思いはできないと思います。

2、他人の言うことを聞きすぎる

劣等感を持っている人は
他人の言うことをそのまま聞き入れてしまいがちです。
他人が間違っていてもあまり疑いません。

「ダメな自分の考えより、この人のほうが正しいだろう」
なんて思ってしまいます。

全部ではありませんが、
他人の言うことなんていい加減なものです。
全部無視しても良いくらいです。

どうしても他人の言うことを気にしてしまう人は
一度自分を信じて、暴走してみてはいかがでしょうか。

というのは極端ですが、
すべてを鵜呑みにしてはいけません。
信頼できる人を見極めましょう。

3、失敗を恐れすぎる

挑戦をせず、大きな失敗もしないので
極度に失敗を怖がってしまいます。

そこそこ大きな失敗を経験しないと
失敗した先にある世界が、
なにがあるかわからない未知の世界となるので
すごく怖いはずです。

失敗すると、いろんな面で損をします。
金銭的にも、社会的にも、ダメージを負うでしょう。

ですが
ダメージを計算し、許容範囲を決めて行動すれば
さほど怖いものではないはずです。


気が小さい性格を治す方法

1、リスクを計算する

起こりうるマイナスを計算しましょう。
計算は外れることもありますが
最悪のケースを想定しておけば良いでしょう。
想定外のことも起こるものですが、その時はその時です。

リターンとリスクを天秤にかけると良いでしょう。
リターンを得られる確率、マイナスを負う確率、
それぞれ計算して、ハカリにかけてみましょう。

2、リスクの対処法を考える

問題が起きたときの対処法を準備しておきましょう。
これで、リスクの恐怖も小さくなるはずです。

3、リスクを許容できる範囲で動く

いきなり大きな賭けが無理なら、
小さな賭けからはじめると良いでしょう。

事前に計算し、成功率を出すことは可能だと思いますが
絶対ということはありません。
その前に、凡人は高度な確率の計算などできません。

小さな賭けからはじめてみて、
少さく勝っていけば、自信になると思います。

4、失敗に慣れる

失敗には慣れます。
よほど大きな失敗でなければ、死ぬことはないと思います。

5、結果を出す

これが一番の解決方法です。
とにかく結果を出すことです。
結果を出さないと自信はつきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です