会話が苦手な人への処方箋

・会話が続かない
・自分から声をかけられない
・沈黙が怖い
・少しの会話でも疲れる

あなたは人と話すのが苦手ですか?

わたしもです。

なんとなく面倒なので、自分から距離をとってしまいます。

孤独を愛する生き方も良いのですが
人との繋がりは財産と言われます。
人との繋がりは多ければ良いとも限りませんが
繋がりが多いほうが
人生は豊かになりやすいと言われています。

人は他者と関わることで、他者の影響を受け、
自分にないものを取り入れるなどして
良くも悪くも変化していきます。

そこで、
会話が苦手な原因と、
苦手を克服する対処法をご紹介いたします。


会話が苦手な原因

1、嫌われるのが怖い

「低評価をつけられるのが怖い」
と言い換えることもできます。

会話して、嫌われたり、盛り上がらなかったりして、
つまらない人間だと思われるなど、
マイナスイメージを持たれるのが嫌なのです。

人は、人の輪から外れることを恐れます。
マイナスイメージを持たれ、
それを周囲に広げられてしまうと、
自分が孤立すると考えてしまいます。

2、自己評価が低い

「自分はつまらない人間だから」
「相手の時間を無駄にしてしまう」

なんて考え、他者との接触を避けます。

3、過去のトラウマ

過去に人との関わりの中で
大きく傷ついた経験を持つ人は
他者との関わりを避ける傾向があります。

いつぞやの会話をネタに、
友達に悪口を言いふらされたとかですね。

4、不器用

自分、不器用ですから。


会話下手を克服する方法

1、慣れる

失敗しても良い場所で会話の練習をしましょう。

今はウイルスの懸念があるので難しいですが、
キャバクラ、ホスト、風俗など、
このあたりで慣れると良いかと思います。

そっち系のお店の楽しみ方は検索しましょう。
変な店を選ばないように注意してください。
はまりすぎないように。

2、沈黙はダメじゃない

ずっとしゃべっていると疲れるのが普通です。
少し間ができるのが普通です。
沈黙は休憩だと思いましょう。

3、聞き役に徹してみる

人は、他者に自分の主張を聞いて欲しいものです。
なので、質問してみましょう。

「なるほど、そうなんですね」
「それはどういうことですか?」

みたいに、相槌を打ちながら聞いていると
相手は気持ちよく話せます。

自分とは違う視点の意見や情報を得ることができます。
スパイになったつもりで、情報を聞き出してみましょう。

4、合わない人とは合わない

どうしても相性の良くない人がいます。
これは仕方のないことです。

「合わないな」と思ったら
互いに嫌い合わないよう、少し距離をおいて接しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です