悩みすぎる性格を直す方法【ご自愛ください】

悩むことが多い人は、
日常生活の小さなことでも深く悩んでしまいます。

「そんな自分を変えたい」と思っていても、
なかなか変われないと思います。

そこで、まずは悩みすぎる原因を理解しましょう。
それから、具体的に直す方法をご紹介いたします。


もくじ

悩みすぎる原因
1、真面目すぎる
2、失敗を避けすぎる
3、自信がない
4、正解を求めすぎる

悩みすぎる性格を直す方法
1、「悩む」と「考える」の区別をする
2、情報処理能力を高める
3、失敗を恐れない
4、行動力を高める
5、自愛する


悩みすぎる原因
1、真面目すぎる
真面目すぎる人は、完璧を求めやすいです。
完璧を目指すのは良いのですが、不可能です。
100点満点中70点くらいで妥協しましょう。
残りの30点は、後から埋めれば良いです。

また、真面目すぎる人は、考えなくて良いことを考えてしまいます。
「周囲に迷惑がかかるかもしれない」
「社会人として間違っていないだろうか」など、
周囲に配慮するのは良いことですが、
配慮しすぎてはいけません。
結果、無意味になってしまいます。
小さな迷惑なら、後からカバーできます。

2、失敗を避けすぎる
失敗に慣れていないのです。失敗してください。
失敗したときの損失の大きさを考えましょう。
避けるべきは、損失の大きい失敗です。
損失の小さな失敗は、何度繰り返しても大丈夫です。
むしろ、「これはダメなんだな」とわかるので、成長できます。

3、自信がない
自分の判断に自信がなく、行動に移せないのです。
行動しなければ、成長しません。
前述しましたが、損失の大きさを考えましょう。
損失の大きいものだけ避ければ良いです。

また、自信がないと、他人に意見を求めます。
大量の情報を集めます。
そして、どの情報が正しいのか、わからなくなります。
つまり、他人の意見に流されやすいのです。

情報を集めるのは良いのですが
情報が信頼できるか見極める目を鍛えましょう。

4、正解を求めすぎる
どれが正解なのか、探し続けますが、正解などありません。
全部正解の場合もあれば、全部不正解の場合もあります。
正解不正解の基準は、人によります。

学校のテストとは違います。
絶対の正解などないと知りましょう。
あなたが「これが良い」と思ったのなら、それが正解です。


悩みすぎる性格を直す方法
1、「悩む」と「考える」の区別をする
「悩む」は苦痛を伴うものです。
「考える」はなにかを探ることです。

「悩む」は負のループです。

考える→答えが見つからない→行動できない→不安が大きくなる→悩む

このループを変えましょう。

考える→わからない→行動する→これはダメだとわかる→また考える

「考える」は問題解決、
または目標達成のための方法を探る行為です。
具体的に行動を起こすために、
頭の中で具体的な方法をイメージしています。

「悩む」は選択肢は出ているのに、選べず、
行動できず、負のループに入っている状態です。

悩むことは、必ずしもマイナスではありません。
慎重になったほうが良い場面もあります。
ただ、勇気を出して行動することで
解消される悩みも多いです。

2、情報処理能力を高める
悩みがあるときは、情報を集めると思います。
ネット検索、人に聞く、本を読むなどです。

情報を集めるのは良いのです。
ただ、前述しましたが、情報に踊らされてはいけません。
情報の中身はバラバラです。
どれが信頼できる情報か、見極める必要があります。
悩んでいて不安なときは、思考力が低下しているので
信頼性の低い情報に踊らされやすいです。

情報は、大量に集めれば良いというわけではありません。
信頼できる情報源を見つけましょう。
理屈が通っている、裏付けがある、などをチェックしましょう。
そして、「その情報を出すことによって誰が得をするのか」を
チェックするクセをつけると良いです。

情報処理能力を高めるには
普段から多くの情報に触れることですが、
踊らされることなく、疑いながら触れると良いです。

3、失敗を恐れない
どんどん失敗してください。完璧な人間など存在しません。

4、行動力を高める
損失の大きさを考えて、どんどん行動しましょう。

5、自愛する
疲れたら、考えるのをやめて休みましょう。
失敗した自分を責めるのはやめましょう。
自分に甘くすることも必要です。
旅行に行く、自然に触れる、寝るなど、
回復したら、また考えましょう。


まとめ

悩みすぎる原因
1、真面目すぎる
2、失敗を避けすぎる
3、自信がない
4、正解を求めすぎる

悩みすぎる性格を直す方法
1、「悩む」と「考える」の区別をする
2、情報処理能力を高める
3、失敗を恐れない
4、行動力を高める
5、自愛する

深く悩まないようにするには、
失敗を恐れず、行動する習慣をつけることです。
そして、完璧な正解を求めず、妥協しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です