コンドームから読み解く性の歴史【避妊してますか?】

こんにちは。避妊してますか?

鷹先生いわく、
コンドームをしない男は、挨拶ができない人と同じだそうです。

冗談はさておき、
性については、真面目に考えなければならない部分があります。
性感染症、性犯罪、性産業、性教育などについてですね。
子供を産むにあたって、避けては通れない部分でもあるので
知識をつけておく必要があると思います。

とはいえ、性の問題は難しいです。
倫理観、欲求、お金、政治など、いろいろ絡んでおり、
感情的になりやすいテーマなので、荒れやすいです。

そこで、歴史を見てみるのも良いかと思います。
おもしろい本を見つけたのでご紹介します。

「コンドームの歴史」

おしゃれな表紙ですが、非常に真面目な本です。
古代エジプトから現代まで、コンドームを中心として、
病気、宗教、心理、政治、戦争との関わりが描かれています。

コンドームの歴史は古代エジプトから始まります。
世界で最も古い職業は、スパイと売春だと言われるくらいなので
古くから必要とされていたのでしょう。

古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマでは
性に関しては開放的だったそうですが、
子供が多いと財産が分散するので、避妊が必要だったのです。

この本では、
「バースコントロール(産児制限)」
という単語がよく出てきます。

バースコントロールとは、意図的に産児の数を制限することです。
避妊、中絶、間引きなどを指します。
間引きとは、食い扶持を減らすため、子の生命を奪うものです。
中絶や間引きをしないために、避妊具が必要だったのです。
セックスをしなければ妊娠はしないのですが、
それは無理だったということでしょう。

興味があったら読んでみてください。


性の問題が難しいことがよくわかります。

キリスト教会は、結婚した夫婦以外は、セックス禁止という考え方です。
当然、避妊具も禁止です。
しかしこれでは抑えられず、性病の蔓延や
性犯罪の増加などを招いてしまいます。

本に書かれていますが
第一次世界大戦のアメリカ軍は、「禁欲」を呼びかけました。
結果、性病が蔓延しました。
第二次世界大戦では、「避妊」を呼びかけました。

望まない妊娠や性感染症を防ぐには、
セックスをしないのが一番ですが、
性欲がなくならない限り、無理でしょう。

逆に、古代のように、開放的にしすぎるのも、
性感染症の蔓延などにつながります。
避妊具で完全に避妊するのは不可能ですし、
性感染症の予防も完璧にはできないからです。
秩序が失われてめちゃくちゃになりそうです。

子供への影響も考える必要があります。
性感染症が胎児にうつることもあります。
幼少期に刺激の強いものに触れさせてしまうと
精神がおかしくなる可能性もあるでしょう。


性感染症の予防法を書いておきます。

1、清潔にする
性感染症の予防はもちろんですが、相手を気遣いましょう。
とあるお店では、プレイ前とプレイ後に
イソジンでうがい、殺菌性の強いボディソープで洗うなどします。
特に局部は丁寧に洗いましょう。

2、コンドームをつける
厚生労働省も推奨しています。
完璧に防げるわけではありませんが、使いましょう。

性感染症とは関係ありませんが、
鷹先生いわく、女性が痛いからローションも使え、との事です。

3、特定の相手としかセックスをしない
感染のリスクが下がります。
一切しないのが一番なのですが、難しいと思うので
頻繁に不特定多数とするのは控えましょう。

4、検査をする
性感染症には自覚症状がない場合があります。
厚生労働省のパンフレットには
男性は泌尿器科か皮膚科、女性は産婦人科と書いてあります。
郵送検査も可能です。

こちらの研究所の検査証明書は、とあるお店でよく見かけます。


売春についても少し書いておきます。

出会い系サイトや出会いカフェでも売春が行われています。
どちらも表向きは売春禁止ですが、
隠語などを使って行われています。

売春は違法ですが、
罰則があるのはあっせんした事業者のみです。
罰はなくても違法なので、やめましょうね。
詐欺など別の犯罪に巻き込まれる危険もあるので、手を出さないように。

売春が倫理的に良いか悪いかはさておき、
衛生面の問題があります。性感染症ですね。
風俗店の場合は、店から指導されることが多いのですが、
売春の場合は衛生指導がないのです。

買う側は、性欲の処理か、寂しいとか。
売る側は、お金ですね。
小遣い稼ぎの感覚でやっている娘が多いです。
性感染症は女性のほうがリスクが大きいのですが
衛生などあまり気にしない娘も多いでしょう。

次に、風俗店です。
公安委員会に届出をして営業しています。
女性は定期的に性病検査をしているはずです。
プレイ前後に消毒をするのが普通です。
売春とは違い、
プロ意識を持ってサービスを提供している女性も多いです。

ただし、性感染症のリスクは常にあります。
プレイ前に消毒はしますが、完全には防げません。

本の紹介から脱線しましたが、
性感染症について、なんとなくご理解いただければ幸いです。

ご訪問ありがとうざいました。またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です