会社が合わないと感じたときの対処法

仕事が合わない、社風が合わない等、
「合わない」と感じる理由は様々です。

合わないからといって、無計画に退職してしまうと
収入が途絶えてしまいます。
しかし、自分に適さない環境で
長く仕事を続けるのもリスクです。

そこで、合わないと思ってしまう原因と
対処法をご紹介します。


まとめ

合わないと思ってしまう原因
・仕事が合わない
・社風が合わない
・人間関係
・ルールが嫌い
・社交辞令が嫌い

対処法
・本当に合わないのか再確認する
・長い目で見る
・転職か独立を考える


合わないと思ってしまう原因
・仕事が合わない
人には得意不得意があります。
苦手なものは苦手なのです。
苦痛でしかない仕事を続けても意味がありません。
配置換えの希望を出しましょう。

努力次第で克服できることもあります。
人間は慣れる生き物なので
続けていると苦痛でなくなる場合もあります。
しかし、クリアできる保証はありません。
仕事を変えることをお勧めします。

・社風が合わない
社風は、創業者の影響を受けたものが多く、
創業者の意向が色濃く反映されています。
文章になっていない場合も多く、わかりにくいです。
創業者が亡くなっていても、
その下の人間が引き継ぐので、簡単には変わりません。

悪い社風ばかりではありませんが
創業者個人の価値観が色濃く反映されるので
押し付けられることに違和感を感じます。

この社風に逆らうと、強い圧力がかかります。
社風が合わないと思ったら、退職を考えましょう。

・人間関係
特定の人とうまくいかなかったり、
職場全体の雰囲気が悪いなど。
職場の雰囲気が悪い会社は退職しましょう。
長く在籍しても良いことはありません。

自分で変えることも不可能ではありませんが
至難の業です。

・ルールが嫌い
おかしなルールを定めている会社は多いです。
社内では常識でも、
社外では「えっ?」と言われるようなルールもあります。

納得いかなくても、
業務に関する社内ルールは守る義務があります。
プライベートまで縛るルールは守る義務はありませんが、
ルール違反を知られると、白い目で見られるでしょう。

ルールが納得できない場合も、退職しましょう。

・社交辞令が嫌い
無駄な社交辞令が嫌いですか?
私はあまり好きではありません。
嫌いではありませんが、
「めんどくさいなあ」と思ってしまいます。

社交辞令や、社会人のマナー、常識など
重んじる会社は多いですが
こういうものが嫌いな人がいると思います。
すべてが無駄ではありませんが
思考力を奪うものだと思っています。


対処法
・本当に合わないのか再確認する
本当に合わないのか考えてみましょう。
実はそんなことない、という場合もあります。
ルールや社風などに賛同できない場合は
ベテラン社員に理由を聞いてみましょう。
納得できるケースもあります。

・長い目で見る
長い目で判断しましょう。
退職するか、続けるか。
判断する要素は複数あります。
1、仕事に将来性があるか
2、会社に将来性があるか
3、続けることによる精神的な負担の大きさ
などですね。

悩むこともあると思いますが、
あまり長く悩むと、時間を浪費します。
本能に従って決めるのも手です。
どちらに進んでも、リカバリーできます。

・転職か独立を考える
あまりに無計画だと、すごく大変です。
大まかな計画を立てて、準備を済ませてから退職しましょう。
次の仕事に向けた勉強や
独立に向けた準備などをしましょう。

もちろんリスクはありますが
新しいことにチャレンジしたほうが
確実に成長するので
失敗しても、無駄にはなりません。


まとめ

合わないと思ってしまう原因
・仕事が合わない
・社風が合わない
・人間関係
・ルールが嫌い
・社交辞令が嫌い

対処法
・本当に合わないのか再確認する
・長い目で見る
・転職か独立を考える

「一つの会社に長く勤めるのが安心」
という価値観が未だに大きいですが
一つの会社に収入を依存するのは危険です。
リストラや倒産したら収入がなくなります。

転職や副業、独立を
日頃から意識しておくことをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です