業務命令に従わないほうが組織は伸びる【日本軍に学ぶ】

業務命令無視は、懲戒解雇の対象となります。
裁判で争うと、解雇が無効となるケースが多いですが、
上からの命令(指示)を無視する行為は、
重く受け止められることが多いでしょう。

しかし、
上からの命令が必ずしも正しいわけではありません。
上司も人間です。間違えることもあります。

その例として挙げられるのが、
第二次世界大戦中の日本軍です。

当時の日本軍には組織的な問題があったと言われています。

予算の取り合いなどで、陸軍と海軍の関係が悪く、
物資や情報の共有をしなかったり、
非効率な命令を下して、前線の兵士を死に追いやったりしました。

非効率な命令には、
現場からも、会議でも、反対の声が出ていましたが、
聞き入れず、突き進んでしまうケースが多々あったそうです。

これらは、現代の企業でもよくあることです。

予算や権限の取り合い、間違った判断を修正できない、
反論を許さない、聞かない、という風潮があります。

現代の日本企業はかつての日本軍の例を反省すべきだ、
という歴史の専門家もいます。

かつての日本軍の失敗を、事例ごとに検証した本があります。

「命令違反が組織を伸ばす」 菊澤研宗

著者は大学教授です。
他にも経営やマネジメントの本を出されています。
https://amzn.to/2VAIndH

本の見開きにこう書いてあります。

人間の「無知」や「不注意」による失敗は、
私の言葉でいえば「条理な失敗」だ。
しかし、人間の関わる重大な失敗の多くは、
予期できたにもかかわらず突き進んでしまう「不条理な失敗」だ。
今日多発している組織の不祥事は、
ほとんどが「不条理」に起因している。
この組織の「不条理」は、いかにして回避できるのか。
私の出す答えは、「命令違反」である。
本書では、「不条理」の極端な事例として
太平洋戦争時の日本軍の行動を分析し、
「命令違反」が組織を存続させるだけでなく、
進化させることを明らかにしたい。

「命令違反が組織を伸ばす」菊澤研宗 見開き

「業務命令なんか全部無視しろ!」とは言っていません。
組織の失敗を回避するには命令違反することだ、と言っています。
良い命令違反は認めよ、との事です。

すべての命令違反を肯定しているわけではなく、
良くない命令違反の例も記述されています。

事例として挙げられているのは、

1、インパール作戦
2、ガダルカナル戦
3、ペリリュー島の戦い
4、ノモンハン事件
5、ミッドウェー海戦
6、レイテ海戦

事例を紹介しつつ、
心理学や経済学を用いたアプローチがなされています。
詳しくは読んでみてください。



誰でも読める内容ですが、少し難しいです。
歴史の知識を持っていないと、読むのに苦労すると思います。


さいごに、
組織はなぜ失敗するのでしょうか?

組織が失敗する原因を少し書いておきます。

コンコルド効果

投資でよく聞く心理現象です。
そのまま続けても損失が大きくなるとわかっているのに
それまでに投資した分を惜しみ、継続してしまいます。

これを組織に置き換えると
良い成果が出ないとわかっているのに、
それまでに使った費用や時間、メンツを失うことを避け、
方向転換ができない、という感じです。

現状維持バイアス

変化を避け、現状を維持したくなる傾向です。
どうなるかわからないからとりあえず現状維持にしておこう、
というものです。

参考記事:行動できない原因と対処法【現状維持バイアス】

プロスペクト理論

人間は、利益を得る場面では「確実に手に入る」ことを優先し、
損失を被る場面では「極限までゼロに近づけたい」ことを優先します。

損失をゼロにしたいので、
ある程度の損失を確定して、方針転換することがしにくいのです。
その結果、ズルズルと損失を広げてしまったりします。

保身

誰だって自分の身を守りたいですよね。悪いことではないと思います。
特に高い地位にいる人は、その地位を守りたいと思うものです。
地位を守るには、メンツも守らないといけません。

しかし、全体の利益を考えるなら、
保身は捨てなければならないと思います。
もちろん場面によりますが、
保身が組織をダメにしてしまうことが多いです。


失敗する原因がある程度わかっていれば、
対応もしやすくなると思います。

対応のしようがない組織なら、
その組織から出ていくことを検討しておきましょう。

ご訪問ありがとうございました。またお越しくださいませ。
よろしければブックマークをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です