安全地帯から抜け出して人生を変える方法【人は変化を嫌うもの】

「今のままではいけないとわかっているけど
なかなか踏み出せない、自分はダメな人間だ」
なんて思っていたとしたら、それは普通のことです。

人は変化を嫌うのです。
未知の領域に足を踏み入れることは
リスクが伴うからです。
脳はリスクを嫌います。

しかし、新たな領域に出ていかなければ
現状を変えることはできません。
そこで、人間の心理を理解したうえで、
安全地帯から抜け出す方法をご紹介します。


もくじ

変化を嫌う理由
・生存本能
・3つのゾーン
・コンフォートゾーン
・ラーニングゾーン
・パニックゾーン

安全地帯から抜け出す方法
・小さな目標を設定する
・変化を楽しむ


変化を嫌う理由
・生存本能

前述しましたが、脳は変化を嫌います。
普段と同じ行動をする、
慣れ親しんだ場所にいる、
という方が危険にさらされにくいからです。

長い目で見ると
変化を避けて現状維持をしている方が
危険だったりするのですが
脳の深い部分がそれを理解していないのです。

次々と新たなことにチャレンジし、
それを楽しんでいる人は、
経験によって、
安全地帯から出たほうが良いことがある、
と脳にインプットされているのです。

・3つのゾーン
人間のリスクに対する精神領域は
3種類に分類されると言われています。

コンフォートゾーン
全く不安を感じない安全地帯
ラーニングゾーン(ストレッチゾーン)
適度に不安を感じるが、高い成果を出せる
パニックゾーン
不安が大きすぎてパニックになる

一番望ましいのは、真ん中のラーニングゾーンです。
ストレッチゾーンとも呼ばれます。
適度に不安やプレッシャーを感じたほうが
高い成果が出せる、とされています。

これに関して、
ヤーキーズ・ドットソンの法則」というのがあります。
心理学者がネズミを用いた実験をし、
適度な緊張状態が一番望ましい、
という結論を出しています。

・コンフォートゾーン
不安を感じることなく行動できる範囲です。
この範囲は、人によって違います。
その人が不安を感じずに行動できる範囲が
その人にとってのコンフォートゾーンです。

このコンフォートゾーンに留まっていると
なかなか成長できません。
なにか新しいことに着手して、
少し不安を感じたとしたら、
それは、コンフォートゾーンの外に出た、ということです。

・ラーニングゾーン(ストレッチゾーン)
コンフォートゾーンの外側です。
コンフォートゾーンが自宅だとしたら、
ラーニングゾーンは
いつでも自宅に帰ってこれる場所です。

このラーニングゾーンが
一番高い成果を出せる場所です。
多少の不安があっても、
人生が終わるほどではない、といったところです。

積極的にラーニングゾーンに出ていき、
新しいことにチャレンジし、
ダメだったり、疲れたりしたら
コンフォートゾーンに戻れば良いのです。

ラーニングゾーンに入り、そこに慣れると、
ラーニングゾーンがコンフォートゾーンになります。
つまり、安全地帯の範囲が広がるのです。

・パニックゾーン
ラーニングゾーンの外側、まったくの未知の領域です。
ラーニングゾーンがいつでも自宅に帰れる範囲なら、
パニックゾーンはすぐ自宅に帰れない場所です。

パニックゾーンだと、不安や恐怖が極端に大きくなり
自分の力が発揮できなくなります。
ゾーンの範囲は人によって違うので、
パニックゾーンに入ってしまったと思ったら
すぐに引き返しましょう。

安全地帯から抜け出す方法
・小さな目標を設定する

まずはコンフォートゾーンから出て、
ラーニングゾーンに行きましょう。
少し不安と緊張を感じながら
新たなことにチャレンジし
達成できそうな目標を定めて、
ひとつひとつクリアしていきましょう。
そうすると、
不安だったことが不安ではなくなり、
ラーニングゾーンがコンフォートゾーンになり、
安全地帯が広がります。
つまり、自分の領地が広がるのです。

・変化を楽しむ
新たなことにチャレンジすると、変化があります。
その変化を楽しみましょう。
不安を「ワクワク」に変えていきましょう。
失敗することもありますが、
確実に成長していくので、
自分の成長を楽しみましょう。

そのうち、「挑戦」に慣れます。
新しいものがあると、手を出したくなります。
やみくもに手を出してはいけませんが、
事前に少し情報収集することで、
パニックゾーンをラーニングゾーンにできます。

自分のペースで良いので、
着実に挑戦と成長を繰り返せば
徐々に人生が変わっていきます。


まとめ

変化を嫌う理由
・生存本能
・3つのゾーン
・コンフォートゾーン
・ラーニングゾーン
・パニックゾーン

安全地帯から抜け出す方法
・小さな目標を設定する
・変化を楽しむ

リスクを伴うことは、避けたくなるのが普通です。
自分を責めても意味がありません。
少しずつ普通の殻を破っていき、
適度なプレッシャーに挑戦していくことで
成長し、人生が変わっていきます。
現状を変えたいと思うのなら、
新しいことにチャレンジするしかないのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です