気にしすぎない方法【気を遣いすぎて疲れるあなたへ】

・小さなことを気にしすぎる
・気にしすぎて気疲れする
・常に神経を尖らせている
・常に周囲を気遣っているのに評価されない
・昼間のことが気になって寝られない

そんなあなた。

気にしすぎることは必ずしも悪いことではないです。
細かいことに気が付いて、
改善がはかれるというメリットもあります。

ただし、疲れやすくなっているなど
自分にとってマイナスになっているのなら、
改善したほうが良いでしょう。

そこで、気にしすぎる性格を改善する方法を
いくつか書いていきます。
自分に合った方法をお選びください。


気にしすぎる原因

1、恐怖

小さなことで自分の評価が落ちるのを怖がっています。

人の輪から外れることは怖いのが普通です。
人は一人では生きられないからです。

ですが、自分と合わない集団とは
適度な距離を保ち、
特定の集団に依存しすぎないほうが楽になります。

2、自己肯定感が低い

別の記事でも何度か書いていますが
自己肯定感が低いと、人生ハードになります。

「細かいことまで完璧にしないと認めてもらえない」
と心のどこかで思っています。

3、他人の人生を生きている

なんでも周囲に合わせていませんか?

好きでそうしているなら良いのですが
嫌なら他人の人生から離れましょう。

自分の好き勝手にする時間を作りましょう。


気にしすぎない方法

1、自己を肯定する

自分の価値が低いと思っているなら、
「価値が低くて何が悪いんだ」と開き直ると良いです。

何度も書いているのですが
自己肯定感がないと人生しんどいです。

2、自己中心的になる

自己中はなんとなく良くないイメージがありますが
誰だって自己中です。
自分が一番大事なのが当たり前です。
生き物として自己中なのが普通です。

ではなぜ、他人のことを考えなければならないのか?

あまりにも自分勝手に振る舞っていると
恨みを買い、結果的に自分が損をするからです。
負のループになって暗黒社会になるので
ある程度は他人のことを考えましょう、となっています。

自己を犠牲にしてしまったら本末転倒です。
自己犠牲を否定はしませんが、
ほどほどにしたほうが良いと思います。

3、没頭できる趣味を持つ

あえて思考を停止させます。
実際、これで楽になった人が多い印象です。

4、開き直る

頭のネジを何本か外してしまいましょう。
自己責任で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です