カメラ副業の本を読んでみた【本当に儲かるのか】

こちらの本です。

「副業するならカメラマン」

amazonのレビューが80件ほどあるので、
けっこう売れた本ですね。
否定的なレビューが多いですが、
参考になる部分もあります。
中身は濃くないのですが、
カメラ副業に興味のある方は、
読んでみると良いかもしれません。

「副業に興味があるけど、具体的になにをしたらいいかわからない」
という人に向けた本です。
半分くらいは「自由になる考え方」みたいな話です。
実践的な内容が少ないですが、
未経験の方は、自力で稼ぐヒントが掴めるかと思います。

この本では、
フリーのカメラマンとして稼ぐスタイルが紹介されています。
インスタグラムなどのSNSで宣伝し、
タイムチケットなどでサービスを販売する形です。

わたしの30分、売りはじめます。+【タイムチケット】

タイムチケットは、「時間を売り買いする」というサービスです。
副業でよく使われるサービスなので、
見ておくと良いと思います。

タイムチケットで撮影サービスを出品している人はたくさんいます。
おそらく、上位の人は稼げていると思います。
カメラが好きな人は、やってみると良いかもしれません。
元手はさほど必要ないです。

出張撮影のマッチングサービスもあります。
マッチングサイトは複数あるので、調べてみてください。
ひとつだけリンクを貼っておきます。

fotowa(フォトワ)

本では、未経験でも稼げる、としていますが、
未経験でも稼げるかはなんとも言えません。
良かったら読んでみてください。


この本では紹介されていない稼ぎ方もあります。

まずは写真販売です。
何年も前から存在する稼ぎ方です。
大きくは稼げないと言われていますが、
カメラが好きな方なら
PIXTAやsnapmartなどの
写真素材サイトに登録しておくと良いと思います。

画像素材【PIXTA】

Snapmart

次に、動画関連ですね。
youtubeも参入者が増えており、
動画関連の需要は伸びると言われています。
動画広告もまだ増えるかと思います。
これからやるなら、動画関連のほうが良いかと思います。
上記のPIXTAでは、動画素材も販売できます。
動画の撮影に加えて、編集もできれば尚良いです。

編集ツールはadobeがおすすめですが、
無料のものもあるので、探してみてください。
編集自体はさほど難しくありません。

最後に、クラウドワークスで受注。
写真撮影、写真加工、動画撮影、動画編集などの仕事があります。
仕事の募集自体は常にありますが、応募者が多く、
実績がないと受注しにくく、単価も安めです。
いきなり仕事を取りに行くより、
調査のために、募集内容を見ておくと良いかと思います。
どんな内容で募集されているのか、
どんな需要があるのか、なんとなく把握できるかと思います。

クラウドワークス

撮影関係の副業もおもしろそうですね。
動画の編集はクラウドワークスで受けたことがありますが、
時給換算で200円くらいでした。
どうせやるなら、プロのクオリティを目指したほうが良いと思います。
興味があったらやってみてください。

ご訪問ありがとうございました。またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です