大人の字への道のり

匿名規模の方よりご寄稿いただきました

小学生の頃は、字が汚くて、自分で読み返しても読めないくらいでした。

そんな私も成長と共に字が読めるような字を書けるようになってきました。

ただ、大人になってからも中学生みたいな字を書いていたので、「大人の字を書きたい!」と思いペン習字を習いました。

最初は、先生の添削が沢山入っていましたが、見本をしっかり見て、とめ・はらい・バランスに気を付けて何度も書きました。
先生の添削で、丸を貰えるようになってきました。その後、習字を習いました。やっぱり筆はボールペンと違って、筆の方が力の加減で字の強さやバランスが決まっていくので大変ですが、習字の良い所は、どんな字でも読めない字でも芸術に見える所です。その時の年賀状は、筆で干支の漢字を大きく書いて投函しました。「味があるね。」と反響が凄かったです。

まだまだ、上手く書きたい気持ちもあり、習字もペン習字も時々書いています。少しずつ大人の字になっていくのが嬉しくて、文通もしているのですが、手紙を書くのが好きになって長い文書を書くようになりました。

これからも、今以上に字を綺麗に大人の字を書けるようになっていきたいです。

私はこのように字をきれいに書くことを練習したことによって頭の中が整理され、自分の中でスッキリとした不思議な感覚になりました。


クリックでamazonに飛びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です