陰口を言われたときの対処法【原因と対処】

陰でコソコソ自分のことを悪く言われて、
いい気持ちになる人はいません。
どれだけ品行方正に努めても、悪く言われることがあります。
全員に好かれる人は、この世にいません。
仕方のないことだと理解していても
モヤモヤするものです。

そこで、陰口の原因と対処法をご紹介します。


もくじ

陰口を言われる原因
・劣等感の裏返し
・陰口という自覚がない
・話題作り
・勘違い

対処法
・受け流す
・周囲を味方につけておく
・距離を置く
・目で訴える
・出ていく


陰口を言われる原因
・劣等感の裏返し
他人を落とすことで、自分の価値を上げます。
他者にそれを認識させる意味もありますが、
自分自身にもそう言い聞かせています。

しかし、他者を落としたところで
劣等感を消すことはできません。
その人は陰口を言い続けます。
するといずれ、その人は周囲からの信用を失います。

・陰口という自覚がない
意見を言っているだけ、という場合もあります。
「あの人のこういうところは良くないと思う」など。
本人に直接言わない理由は
自分の主張を吐き出したいだけだからです。

意見があるなら本人に言うべきです。
本人がいないところで言っても、意味がありません。

・話題作り
数人で集まっていて、話題がなくなると気まずいです。
その場にいる全員が
「なにか話題を出さなければ」と思っています。
話題を欲しているところに、誰かが人の悪口を切り出せば
全員が乗ってきます。

・勘違い
自分の勘違いである場合があります。
自分に対する周囲の態度が少し変化すると
「なにか言われているのかな」と思ってしまいますね。
なんだかわからず、モヤモヤします。

気にしすぎないことです。
なにかあったとしても、
自分に直接言ってこないのであれば、
大したことではありません。


対処法
・受け流す
「スルースキル」です。
小さなことを気にしていると、身が持ちません。
目の前のすべきことに集中しましょう。

・周囲を味方につけておく
誠実でいましょう。
目の前のすべきことを着実にこなしていきましょう。
人に親切にしましょう。
人の悪口を言わないようにしましょう。
これでダメなら、その場所から出ていきましょう。

・距離を置く
陰口を言う人とは距離を置きましょう。
最低限のコミュニケーションはとります。
挨拶とホウレンソウは確実に行います。
ですが、余計な会話は避けましょう。
余計なことを言うと、悪口に利用されます。

・目で訴える
「知っているぞ」と目で訴えます。
やり方としては
・目を合わせない
・冷たい視線を浴びせる
・にらみつける
などがあります。相手に合わせて使ってください。
私はよく使っていましたが、効果はバッチリでした。
相手のほうから関係修復を図ってくることもありました。

・出ていく
どうしても辛ければ、出ていきましょう。
悪口大会で盛り上がる集団に
長くいないほうが良いです。
転職や独立を考えておきましょう。


まとめ

陰口を言われる原因
・劣等感の裏返し
・陰口という自覚がない
・話題作り
・勘違い

対処法
・受け流す
・周囲を味方につけておく
・距離を置く
・目で訴える
・出ていく

原因と対処法をご紹介しましたが
一番の対処法は「自分軸を持つ」ことです。
自分の信念や目標が明確であれば
陰口に悩むことはありません。
なぜなら、自分の場所が別にあるからです。

参考記事:やりたいことを見つける方法【ちっぽけでOK】

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

“陰口を言われたときの対処法【原因と対処】” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です