疎外感や孤立感を感じたときの対処法

原因と対処法を書いていくので
自分に合ったものをお選びください。


1、自信がない

自信がないと、自ら集団に入っていきにくいです。

「自分はダメだから」
「自分は受け入れてもらえる人間じゃない」

なんて考えてしまい、自分から話しかけたりしません。
自信持ってください。

2、人付き合いが煩わしい

一人でいるのが好きだったりするタイプです。
この場合は、無理に対処する必要ありません。

ただし、人間一人では生きていけないので
最低限の人間関係は確保しておきましょう。

3、環境の変化

卒業、就職、転職、引っ越しなど。

環境が変化すると常識も変わります。
従来のやり方が通用しなくなることがあるので
変化に対応できず、周囲に馴染めず、
疎外感を覚えることがあります。

人間は慣れる生き物です。
時間が解決するかと思います。
どうしても耐えられなければ、
別の環境を探したほうが良いでしょう。

4、トラブル

なにかあって誰かと関係が悪くなり
孤立することがあります。

ごめんなさいするか、逃げるか、
自分の殻に閉じこもるかですね。


対処法

1、自分で居場所をつくる

落ち着ける時間と空間を確保しましょう。
家の中でも外でも良いです。
公園とか森の中でも良いと思います。
趣味でも良いと思います。

逃げる場所をつくったほうが安心できます。
堕落しないように注意が必要ですが。

2、自己肯定感

何度も書いていますが
自己を肯定しましょう。
自己肯定感がないと人生ハードモードです。

3、無理に合わせることはない

「郷に入れば郷に従え」なので
ある程度周囲に合わせないといけませんが
完璧にはできません。

どうしても合わなければ出て行くか
要領よく表面だけ合わせて
裏では好き勝手に振る舞うとかしましょう。

4、孤独を愛する

一人気ままに生きるもの悪くないと思います。
人生いろいろですから。
ひきこもりも悪くないと思います。

5、図太い精神を持つ

孤立しても死にはしません。
疎外されても良いと思います。
人間関係が薄すぎると
人生少し不利だと思いますが
生きていけないことはないです。

6、成り上がる(非推奨)

どうにかして取り入って、どこかで謀反して
自分が王様になります。
自己責任でお願いします。

半分冗談ですが、元気のない人が多いので
野獣マインドがあっても良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です